お仕着せとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > お仕着せの意味・解説 

お仕着せ

読み方:おしきせ

上方から一方的与えられること。また、そのようにして与えられたもの。「御仕着せ」とも書く。元は、主人に当たる役柄人物から支給される衣服のこと。

お仕着せ

読み方:おしきせ

名詞仕着せ」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お仕着せ

読み方:おしきせ

  1. (一)住込み弟子師匠盆正月に贈つてやる衣裳。(二)家庭で晩餐に飲む一定の酒量一つの型にはまつて与えられたもの。徳川時代大阪では死罪の刑を受けた者が、市中引廻しになる時にせられる衣服がきまつていた、それをお仕着せというたとのことだが、寄席楽屋でのお仕着せは、前の(二)になつている。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お仕着せ」の関連用語

お仕着せのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お仕着せのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS