あいごとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > あいごの意味・解説 

あい ご [1] 【愛語】 〔 priya-vāditā-samgraha〕

〘仏〙 四摂法(ししようぼうの一。仏道に導くため,親しみ気持ちを抱くような心のこもった言葉をかけること。

あい ご あゐ- [0] 【藍子】

スズキ目海魚全長30センチメートル 内外。体は楕円形側扁する。体色は緑がかった暗褐色で,一面に小斑点がある。背びれ・腹びれ・尻びれに毒腺をもつ鋭いとげがある食用幼魚をバリコという。本州中部以南暖海分布

あい ご あひ- [0] 【相碁】

同程度技量の人どうしの打つ碁。

あい ご [1] 【愛護】

( 名 ) スル
かわいがって,大事にすること。 「動物週間」 「余が女を-せざるはなし/花柳春話 純一
その良さを損わずに保護すること。 「自然-」 「国語の-」
〔「愛護の若」の主人公髪形から〕 歌舞伎稚児役のつける鬘(かつら)

あいご

出典:『Wiktionary』 (2010/04/22 05:34 UTC 版)

名詞

あいご

  1. スズキ目アイゴ科海水魚

翻訳

同音異義語

あいご



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あいご」の関連用語

あいごのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あいごのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあいご (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS