赤ロムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 赤ロムの意味・解説 

赤ロム

読み方あかロム

赤ロムとは、中古携帯電話端末を指す俗称一種で、割賦販売購入された端末支払い完了前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことである。

最近の(3Gなどの)携帯電話端末は、SIMカードによって電話番号情報管理しているものがあるSIMカードを差すことで通話通信などのサービス利用可能とすることができる。しかし、代金不払いによりキャリアから強制的利用停止にされた端末場合キャリアによって端末ごとロック掛けられてしまい、SIMカード抜き差ししても利用できない状態になることがあるそのような端末が赤ロムと呼ばれている。

中古品として買い取られた時点では正常に機能していても、後に代金不払いによって利用停止措置が取られる場合がある。加えてそのような端末窃盗品など違法手段調達されたものである可能性少なくないそのため、赤ロムの存在中古携帯電話端末市場インターネットオークションなどにおいて問題視されている。

なお、携帯電話中古市場などでは、端末の状態を指し白ロム黒ロム灰ロムなどと呼ぶことがあるキャリアによって利用停止された端末は、電波感度を示すアンテナマークが赤く表示されるため、赤ロムと呼ばれるようになったといわれている。


参照リンク
アキバで活気づく中古ケータイ最新事情、危険な「赤ロム」とは? - (nikkei TRENDYnet

白ロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/03 01:29 UTC 版)

(赤ロム から転送)

白ロム(しろロム)とは、携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種で、契約情報が記録されていないものをいう。


  1. ^ 厳密にはW-SIMはSIMカードと違い通信機能を内蔵したモジュールであるが、利用者側からすればほぼ同様に扱えるため、ここではSIMカードの一種として扱う。詳しくはW-SIMを参照のこと。
  2. ^ アキバで活気づく中古ケータイ最新事情、危険な「赤ロム」とは?日経トレンディネット、2009年6月3日。
  3. ^ 香港で売られる「闇ケータイ」の真相は? - NIKKEI NET・IT PLUS 2009年4月14日
  4. ^ この場合、料金プランは従前利用の機種がシンプルコースであった場合を除きシンプルコースとして契約する事ができず、フルサポートコース(2014年現在既にプラン終了済み)と同様の扱いを受ける事となる。
  5. ^ 「ドコモとSB携帯、大量盗難 機種変えやすく、転売狙い」 アサヒコム、2008年11月14日
  6. ^ 特定の携帯電話機の出品取り扱いについて(対象期間変更)(Yahoo!オークション)
  7. ^ Yahoo!オークション、ソフトバンク端末の出品制限強化(ケータイWatch)
  8. ^ ソフトバンクモバイルが販売する携帯電話機の出品取り扱いについて(2010年2月1日改定)
  9. ^ 通常契約は5回線まで契約出来るのに対しプリペイド式は2回線までである。
  10. ^ アキバで活気づく中古ケータイ最新事情、危険な「赤ロム」とは? 日経トレンディネット、2009年6月3日
  11. ^ ソフトバンクモバイル、中古携帯に通話規制 業者が提訴へ 2009年4月22日閲覧
  12. ^ ドコモからのお知らせ : 携帯電話機の不正入手に対する取組みについて 2009年6月11日


「白ロム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤ロム」の関連用語

赤ロムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

一字下げ

五心

Xperia GX SO-04D

らくらくホン7

らくらくスマートフォン F-12D

MEDIAS PP

HP ENVY Rove 20

Kindle DX





赤ロムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ赤ロムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白ロム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS