尾崎行雄とは?

おざきゆきお をざきゆきを 【尾崎行雄】 ○

1858~1954政治家神奈川県生まれ。号は咢堂がくどう慶応義塾中退第一総選挙以降連続二五回当選文相東京市長法相などを歴任。その間、護憲普選軍縮運動活躍。常に中立・公正の立場から立憲政治擁護に努め、「憲政神様」と称される。

尾崎行雄 おざき ゆきお

尾崎行雄の肖像 その1
安政5年11月20日昭和29年10月6日 (1858~1954)

神奈川生まれ。政治家。父は地方官。慶応義塾工学寮を共に中退その後新潟新聞郵便報知新聞などのジャーナリズム世界身を投じる明治23年(1890)第1回総選挙当選し、昭和27年(1952)総選挙まで連続25当選。その間に文相東京市長司法相などを歴任大正元年1912)の第1次護憲運動では犬養毅と共にその先頭に立ち、首相を追求して、「憲政神様」と呼ばれた。昭和17年(1942)翼賛選挙批判的立場取り不敬罪として起訴されたが、無罪となる。戦後長老的な存在として活動し、衆議院名誉議員となる。没後、彼を記念して国会の脇に「尾崎記念館」が建てられた。

キーワード 政治家
号・別称 咢堂
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 公会演説法 / 尾崎行雄訳 丸屋善七, 明10.11 <YDM76692>
  2. 提綱. [1], [2] / 斯辺銷(ハルバルト・スペンサ-)著 ; 尾崎行雄訳 丸屋善七,慶応義塾出版社, 明10.12 <YDM39509>
  3. 米洲聯邦治安策 / 達勒巴児(ジョン・ウィリアム・ドレ-パ-)著 ; 尾崎行雄訳 慶応義塾出版社, 明12.5 <YDM28338>
  4. 小学農課書. [1], [2] / 尾崎行雄(咢堂)著 慶応義塾出版社, 明12.8 <YDM61953>
  5. 公会演説法. 続 / 尾崎行雄纂修 丸家善七, 明12.9 <YDM76694>
  6. 泰西名家幼伝. [1], [2] / 尾崎行雄編訳 尾崎行雄, 明13.1 <YDM3972>
  7. 英国議院政治論. [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7] / 尾崎行雄訳 ; アルフュ-ス・トッド著 自由出版会社, 明15-16 <YDM27674>
  8. 権理提綱 / 斯辺銷(ハルバルト・スペンサ-)著 ; 尾崎行雄訳. 改訂2版 丸屋善七,慶応義塾出版社, 明15.6 <YDM39510>
  9. 演繹推理学 / 尾崎行雄(咢堂)著. 増訂2版 尾崎行雄, 明15.8 <YDM8077>
  10. 英国議院政治論 / アルフュ-ス・トッド著 ; 尾崎行雄訳 報知社, 明16.10 <YDM27675>
  11. 地租改正私義 / 尾崎行雄立案 ; 中村吉記 報知社, 明17.4 <YDM40731>
  12. 通俗地租改正私議 / 尾崎行雄著 報知社, 明18.7 <YDM40770>
  13. 新日本. [1], [2] / 尾崎行雄著 集成社〔ほか〕, 明19, 20 <YDM27965>
  14. 経世偉勲. [1], [2] / 尾崎行雄(咢堂)著. 2版 集成社, 明19,20 <YDM7692>
  15. 通俗経世偉勲 / 尾崎行雄著 ; 松井従郎抄解 集成社, 明20.10 <YDM28187>
  16. 少年論 / 尾崎行雄著 博文堂, 明20.11 <YDM10353>
  17. 志士処世論 / 尾崎行雄著 博文堂, 明20.12 <YDM27874>
  18. 退去日録 / 尾崎行雄(咢堂)著 集成社, 博文社, 明21.4 <YDM6588>
  19. 帝室論 / 尾崎行雄著 集成社, 明21.12 <YDM6254>
  20. 信任投票の原理 / 尾崎行雄著 博文堂, 明24.8 <YDM28623>
  21. 国会解散の準備 / 尾崎行雄著 博文堂, 明24.8 <YDM28539>
  22. 信任投票の原理・国会解散の準備 / 尾崎行雄著. 2版 博文堂, 明24.8 <YDM28624>
  23. 尚武論 / 尾崎行雄(咢堂)著. 3版 博文堂, 明26.5 <YDM51063>
  24. 内治外交 / 尾崎行雄著 博文堂, 文陽堂, 明26.5 <YDM28258>
  25. 支那処分案 / 尾崎行雄著 博文館, 1895 <YDM29524>
  26. 学問と生活 / 尾崎行雄(咢堂)著 大日本国民中学舎, 明42.11 <YDM50004>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

尾崎行雄

以下の映画尾崎行雄関連しています。


尾崎行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/05 01:22 UTC 版)

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日安政5年[注釈 1]11月20日) - 1954年昭和29年)10月6日)は、日本政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等1946年5月4日付返上)[1]伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神[2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 戸籍上は翌6年の旧暦11月20日
  2. ^ 1870年(明治3年)までは津久井県と称し、同年に津久井郡と改称した。
  3. ^ なお、1888年(明治21年)7月、滞在先のロンドンで、ドイツ留学を終えて帰国の途についていた森鴎外と会っており、鴎外から詩を4首おくられた。山﨑(2007)。
  4. ^ 尾崎は、絶対にありえない仮定の話だとことわったうえで「仮に日本に共和政治がおこなわれるならば、三井三菱大統領の有力候補となるだろう」と述べた。これは、当時の国政における金権体質に対する批判を真意としたものであったが、枢密院貴族院などを中心に反発の声が高く、与党であった旧自由党の一部からも批判の声があがった。
  5. ^ 『牧野伸顕日記』1931年(昭和6年)2月17日条によると、内大臣牧野伸顕大久保利通の息子)が尾崎と会ったときにその口から「我々は青年時代に薩長政府を悪み英国流の議会政治に如くものはなしと思込、多年奮闘し来りたるが、事志と違ひ今日の現状に直面して慙愧に堪へず抔、薩長政府は国家を念頭に置き働きたるが、今日は議会抔に国家を思ふもの一人もなし」という言葉を聞いて深刻に受け止めた事を書き記している。この時期の尾崎の失意の心情を伺わせる。

参照

  1. ^ 尾崎行雄とは(年譜) - NPO法人咢堂香風ホームページ 2010年10月15日閲覧。
  2. ^ 合格神社
  3. ^ 守部喜雅『聖書を読んだサムライたち』いのちのことば社(2010年),141頁
  4. ^ 慶應義塾の伝統②憲政の神様尾崎行雄
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  8. ^ 『官報』第6819号「叙任及辞令」1906年3月27日。
  9. ^ IC役員名簿


「尾崎行雄」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尾崎行雄」の関連用語

尾崎行雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

梅田雲浜

市川左団次

大久保一翁

浜口雄幸

板垣退助

樺山資紀

土方歳三

鈴木喜三郎





尾崎行雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾崎行雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS