西園寺公望とは?

さいおんじきんもち さいをんじ- 【西園寺公望】 ○


西園寺公望

西園寺公望
総理在職期間
[第1次]明39. 1. 7~明41. 7.14920日
[第2次]明44. 8.30~大元.12.21480
在職通算日数1,400日
総理就任時年齢:56歳・61歳

西園寺公望 さいおんじ きんもち

西園寺公望の肖像 その1
西園寺公望の肖像 その2
嘉永2年10月23日昭和15年11月24日1849~1940)

京都生まれ公卿、政治家、元老。父は右大臣徳大寺公純西園寺師季養子となる。戊辰戦争参加明治4年(1871)フランス留学。滞仏10年ののち帰国明治法律学校設立中江兆民らと『東洋自由新聞』を創刊15年(1882)伊藤博文憲法調査随行渡欧オーストリアドイツベルギー各国駐在公使をつとめる。帰国後、賞勲局総裁枢密顧問官など経て、第2次伊藤、第2次松方、第3次伊藤内閣文相外相となる。33年1900枢密院議長36年(1903)立憲政友会総裁39年(1906)首相となり、以後桂太郎交互に首相をつとめた。大正8年(1919)パリ講和会議全権委員9年(1920)公爵最後の元老として大正末期から昭和初期にかけて、後継首相推薦の任にあたった。

キーワード 公家・旧大名, 政治家, 首相
号・別称 陶庵
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 陶庵随筆 / 西園寺公望(陶庵)著 ; 国木田独歩新声社, 明36.10 <YDM102397>
  2. 西園寺侯西洋礼式談 / 神東惇編 参文舎, 明39.11 <YDM27321>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

西園寺公望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/04 22:12 UTC 版)

西園寺 公望(さいおんじ きんもち、嘉永2年10月22日1849年12月6日[注釈 1] - 昭和15年(1940年11月24日)は、日本公家政治家教育者位階勲等爵位従一位大勲位公爵雅号は陶庵、不読、竹軒[注釈 2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ グレゴリオ暦導入後、西園寺は10月23日を戸籍上の誕生日として登録している(伊藤之雄 2007, pp. 8-9)
  2. ^ 京都市北区等持院ちかくの別邸「萬介亭」の竹に因んだ号(出典: 藤井松一「西園寺公望関係文書について」『立命館大学人文科学研究所紀要(27)』p.32)
  3. ^ この際西園寺が「至尊匡輔(天皇を助ける)」の勅語を山県・井上馨・大山巌松方正義・桂とともにうけ、これをもって西園寺が元老になったと指摘する歴史家も存在するが(永井和 1997, pp. 111-112)、実際に西園寺が受けた勅語は他の元老とは異なる(『大正元年8月13日 元勲の勅語』 アジア歴史資料センター Ref.C10050034100 )
  4. ^ 当時最新の火薬で、極めて爆発しやすい性質を持つ

出典

  1. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 156-157.
  2. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 8.
  3. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 20.
  4. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 21.
  5. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 21-22.
  6. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 23-24.
  7. ^ a b c d e 伊藤之雄 2007, pp. 24.
  8. ^ a b c 木村毅 1973, p. 140.
  9. ^ 伊藤勲 1986, pp. 103-104.
  10. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 25-26.
  11. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 26.
  12. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 26-27.
  13. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 27.
  14. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 30-31.
  15. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 35-36.
  16. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 36.
  17. ^ a b c 木村毅 1973, p. 141.
  18. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 46-47.
  19. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 47-50.
  20. ^ a b 浅田徹「『蜻蛉集』のための西園寺公望の下訳について
  21. ^ 金沢公子「ワーグナーの愛したジュディット・ゴーチエ,そして日本 (井上正蔵先生古稀記念号)」95-96p
  22. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 39-40.
  23. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 42.
  24. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 51.
  25. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 54.
  26. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 55.
  27. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 54-55.
  28. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 56.
  29. ^ a b c d 伊藤之雄 2007, pp. 57.
  30. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 60.
  31. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 61.
  32. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 61-62.
  33. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 63.
  34. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 64.
  35. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 66-67.
  36. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 69.
  37. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 70-71.
  38. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 72-73.
  39. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 76.
  40. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 79-80.
  41. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 80-81.
  42. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 81.
  43. ^ 張智慧 2009, pp. 218.
  44. ^ 張智慧 2009, pp. 218-219.
  45. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 84.
  46. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 86-87.
  47. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 88-90.
  48. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 92-93.
  49. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 93-95.
  50. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 95.
  51. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 98.
  52. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 100-101.
  53. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 105.
  54. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 106.
  55. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 114.
  56. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 116.
  57. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 118.
  58. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 119.
  59. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 128-132.
  60. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 132-133.
  61. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 133.
  62. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 134-137.
  63. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 138-139.
  64. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 141.
  65. ^ 『原敬日記』1909年(明治42年)11月9日。
  66. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 140.
  67. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 142.
  68. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 143.
  69. ^ 大正元年8月13日 元勲の勅語』 アジア歴史資料センター Ref.C10050034100 
  70. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 145.
  71. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 147.
  72. ^ 特ニ前官ノ礼遇ヲ賜フ 侯爵西園寺公望』 アジア歴史資料センター Ref.A03023387900 
  73. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 148-149.
  74. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 149.
  75. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 149-150.
  76. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 150.
  77. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 151.
  78. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 152.
  79. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 152-153.
  80. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 153.
  81. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 155.
  82. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 194.
  83. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 109-110.
  84. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 158.
  85. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 164.
  86. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 166.
  87. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 166-167.
  88. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 167.
  89. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 169-170.
  90. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 172-173.
  91. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 173.
  92. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 173-174.
  93. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 179.
  94. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 176.
  95. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 177.
  96. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 178-180.
  97. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 180.
  98. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 183-184.
  99. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 183-187.
  100. ^ 伊藤勲 1986, pp. 111.
  101. ^ 永井和 1997, pp. 111.
  102. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 112.
  103. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 192-193.
  104. ^ 永井和 1997, pp. 111-112.
  105. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 195.
  106. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 194-195.
  107. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 198.
  108. ^ a b c 伊藤勲 1986, pp. 114.
  109. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 199.
  110. ^ 伊藤勲 1986, pp. 116.
  111. ^ 伊藤勲 1986, pp. 117.
  112. ^ 伊藤勲 1986, pp. 116-119.
  113. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 200.
  114. ^ a b 小山俊樹 2012, pp. 79.
  115. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 201-202.
  116. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 202.
  117. ^ 伊藤勲 1986, pp. 120.
  118. ^ 伊藤勲 1986, pp. 121.
  119. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 203.
  120. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 208.
  121. ^ 永井和 1997, pp. 113-120.
  122. ^ 小山俊樹 2012, pp. 76.
  123. ^ a b 永井和 1997, pp. 126.
  124. ^ 永井和 1997, pp. 132-136.
  125. ^ 永井和 1997, pp. 113-114.
  126. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 122.
  127. ^ 伊藤勲 1986, pp. 122-123.
  128. ^ 伊藤勲 1986, pp. 123.
  129. ^ 伊藤勲 1986, pp. 123-124.
  130. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 125.
  131. ^ 伊藤勲 1986, pp. 124.
  132. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 213-214.
  133. ^ 永井和 1997, pp. 112-113.
  134. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 222.
  135. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 224.
  136. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 239.
  137. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 240-241.
  138. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 241-242.
  139. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 242.
  140. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 243-246.
  141. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 239-240.
  142. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 243-244.
  143. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 243-248.
  144. ^ 伊藤勲 1986, pp. 127.
  145. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 250.
  146. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 251-252.
  147. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 252-253.
  148. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 259.
  149. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 262.
  150. ^ 伊藤勲 1986, pp. 128-129.
  151. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 260-261.
  152. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 264.
  153. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 268.
  154. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 269.
  155. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 270.
  156. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 271.
  157. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 129.
  158. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 272-273.
  159. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 130.
  160. ^ a b 永井和 1997, pp. 149.
  161. ^ 小山俊樹 2012, pp. 74.
  162. ^ 小山俊樹 2012, pp. 42-43.
  163. ^ 永井和 1997, pp. 150.
  164. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 274-275.
  165. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 275.
  166. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 276.
  167. ^ 伊藤勲 1986, pp. 133-134.
  168. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 277.
  169. ^ 伊藤勲 1986, pp. 135-136.
  170. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 277-278.
  171. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 136.
  172. ^ 伊藤勲 1986, pp. 138.
  173. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 279.
  174. ^ 伊藤勲 1986, pp. 195.
  175. ^ 血盟団事件の大論告 大阪朝日新聞 1934.8.28(昭和9) - 神戸大学 電子図書館システム
  176. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 284.
  177. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 286.
  178. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 287-288.
  179. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 289.
  180. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 289-291.
  181. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 291.
  182. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 292-293.
  183. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 293.
  184. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 297.
  185. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 298.
  186. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 299.
  187. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 300.
  188. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 301.
  189. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 301-302.
  190. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 302.
  191. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 302-303.
  192. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 304-305.
  193. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 302-305.
  194. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 306-307.
  195. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 144.
  196. ^ 伊藤勲 1986, pp. 145.
  197. ^ 伊藤勲 1986, pp. 145-146.
  198. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 307.
  199. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 308.
  200. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 309.
  201. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 310.
  202. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 310-311.
  203. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 311-312.
  204. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 313.
  205. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 312-315.
  206. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 315-316.
  207. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 316.
  208. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 318.
  209. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 319.
  210. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 320.
  211. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 322.
  212. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 321-322.
  213. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 324-325.
  214. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 325.
  215. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 325-326.
  216. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 328.
  217. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 333.
  218. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 331.
  219. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 332-333.
  220. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 337.
  221. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 337-338.
  222. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 338-339.
  223. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 339-340.
  224. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 340-341.
  225. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 321.
  226. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 341.
  227. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 343.
  228. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 348.
  229. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 343-344.
  230. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 344-345.
  231. ^ 村井良太政党内閣制の慣行,その形成と西園寺公望 : 元老以後の国家像を求めて:一九二四-二七
  232. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 93.
  233. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 92.
  234. ^ 張智慧 2005, pp. 56.
  235. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 39.
  236. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 347-348.
  237. ^ a b 伊藤勲 1986, pp. 105.
  238. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 279,284.
  239. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 324,328-329.
  240. ^ 張智慧 2005, pp. 67-68.
  241. ^ 張智慧 2005, pp. 218-219.
  242. ^ 張智慧 2005, pp. 66-67.
  243. ^ 張智慧 2005, pp. 68-69.
  244. ^ 張智慧 2005, pp. 71-69.
  245. ^ 『京都日出新聞』1932年9月23日夕刊、文春新書「元老西園寺公望」
  246. ^ 立命館校友会総会
  247. ^ RS 学園通信 "All Rits 立命館校友大会"
  248. ^ 岩井忠熊『西園寺公望 - 最後の元老』 岩波新書、2003年、ISBN 4004308291
  249. ^ 浅田毅衛「西園寺公望は創立者の一人か?
  250. ^ 木村毅 1973, p. 41.
  251. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 42-43.
  252. ^ a b c d 伊藤之雄 2007, pp. 109.
  253. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 73-74.
  254. ^ 『西園寺公の食道楽』:新字新仮名 - 青空文庫
  255. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 22.
  256. ^ 伊藤勲 1986, pp. 106.
  257. ^ 奥村功 「西園寺公望のフランス語蔵書
  258. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 97.
  259. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 136.
  260. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 西園寺公履歴書」(国立公文書館所蔵 「故西園寺公国葬書類」)
  261. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  262. ^ 『官報』第3137号「叙任及辞令」1893年12月12日。
  263. ^ 『官報』第5393号「叙任及辞令」1895年6月22日。
  264. ^ 『官報』第4644号「叙任及辞令」1898年12月21日。
  265. ^ 『官報』第7266号「授爵・叙任及辞令」1907年9月16日。
  266. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  267. ^ 『官報』第1917号「叙任及辞令」1918年12月23日。
  268. ^ 『官報』第2431号「授爵、叙任及辞令」1920年9月8日。
  269. ^ 『官報』号外「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。
  270. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  271. ^ 『官報』第3309号「宮廷録事 - 恩賜」1938年1月17日。
  272. ^ 『官報』第4167号「叙任及辞令」1940年11月26日。
  273. ^ 『官報』第4166号・号外「辞令」1940年11月25日。
  274. ^ 『官報』第4171号「故従一位大勲位公爵西園寺公望葬儀」1940年11月30日。
  275. ^ 『官報』第3934号「叙任及辞令」1896年8月8日。
  276. ^ 『官報』第1398号「叙任及辞令」明治21年3月1日。
  277. ^ 『官報』第1457号「叙任及辞令」明治21年5月11日。
  278. ^ 『官報』第2491号「叙任及辞令」明治24年6月22日。
  279. ^ 『官報』第2491号「叙任及辞令」明治24年10月16日。
  280. ^ 『官報』第3208号「叙任及辞令」1894年3月13日。
  281. ^ 『官報』第3815号「叙任及辞令」1896年3月21日。
  282. ^ 『官報』第4019号「叙任及辞令」1896年11月19日。
  283. ^ 『官報』第1398号「叙任及辞令」明治21年3月1日。
  284. ^ 『官報』第7299号「叙任及辞令」明治40年10月26日。
  285. ^ 『官報』第7303号「叙任及辞令」明治40年10月31日。
  286. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 58.
  287. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 45.
  288. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 159.
  289. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 161.
  290. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 338.
  291. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 168-169.
  292. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 168.
  293. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 228.
  294. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 231-232.
  295. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 233.
  296. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 234.
  297. ^ a b 伊藤之雄 2007, pp. 234-235.
  298. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 235.
  299. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 235-238.
  300. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 71.
  301. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 146.
  302. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 196-197.
  303. ^ 故西園寺公国葬 大阪毎日新聞 1940.12.6(昭和15) 神戸大学 電子図書館システム 新聞記事文庫 人物伝記
  304. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 107.
  305. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 197.
  306. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 215.
  307. ^ 伊藤之雄 2007, pp. 216.
  308. ^ a b c 伊藤之雄 2007, pp. 108.







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

西園寺公望に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西園寺公望」の関連用語

西園寺公望のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

奥山義章

黒田清輝

西村茂樹

中野正剛

谷村計介

樋口彦四郎

藤田伝三郎

名村泰蔵





西園寺公望のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2016 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西園寺公望 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS