安楽死とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 安楽死の意味・解説 

あん らくし [4] [3] 【安楽死】

助かる見込みがない病人苦痛から解放す目的で,延命のための処置中止したり死期早める処置をとること。また,その死。安死術オイタナジー。 → 尊厳死


あんらくし 【安楽死】

「助かる見込みがない病人苦痛から解放す目的で、その死期早める処置をとること。また、その死。安死術」(『大辞林』)、「病者苦痛から解放して安楽死なせること」(平凡社大百科事典』)などの説明を見るが、これが宗教とかかわってくることは、平凡社が『世界宗教事典』に『大百科事典』のそれを、そのまま再録していることでもわかる。安楽死という語については小学館日本百科事典』に「ギリシア・エジプト・アラビア・中国などから出たことば」としている。英語のeuthanasiaは〈良き死〉を意味するラテン語由来するという。しかし、道徳上・刑法いろいろと問題もあるので、ことは難しい。宮川俊行氏はカトリック立場から「周囲の者は人格尊厳にふさわしく神の祝福満ち臨終のために可能な限り助け与えなければならない」と説き(『キリスト教と安楽死問題』)、腹明子氏は仏教立場から「仏教教えの一側面からみた場合尊厳死肯定しても積極的安楽死を容認しているようには思われない」といっているが(『仏教尊厳死・安楽死』)、共に示唆に富む。→ 尊厳死

安楽死

【仮名】あんらくし
原文euthanasia

安らかな死あるいは苦痛のない死、または治癒が望めない疾患苦痛を伴う疾患苦し個人本人要望に従って人為的死なせること。「mercy killing慈悲殺)」とも呼ばれる

安楽死

作者和久峻三

収載図書暗黒山林
出版社勁文社
刊行年月1995.2
シリーズ名ケイブンシャ文庫


安楽死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/22 02:41 UTC 版)

安楽死(あんらくし、英語:euthanasia)とは、人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現されるが、本質的には、死刑の執行、動物の殺処分など、対象や目的は限定されない。安楽死に至る方法として、積極的安楽死(英語:positive euthanasia , active euthanasia)と、消極的安楽死(英語:negative euthanasia , passive euthanasia)の二種類がある。安楽死の別表現として、尊厳死(英語:dignified death , death with dignity)という言葉がある。これは、積極的安楽死と消極的安楽死の両方を表現する場合と、消極的安楽死に限定して尊厳死と表現する場合があるが、世界保健機関、世界医師会、国際連合人権理事会、国家の法律、医療行政機関、医師会などの公的な機関による、明確または統一的な定義は確認されていない。




[ヘルプ]


「安楽死」の続きの解説一覧

安楽死

出典:『Wiktionary』 (2010/01/23 19:08 UTC 版)

名詞

あんらくし

  1. 疾病苦痛に耐え切れずに、それから逃れるため、本人意思により積極的死にいたらせること。一般的に医療行為により行う。

類義語

関連語

翻訳






安楽死と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「安楽死」の関連用語

安楽死のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カラベラス鉱

シキンノリ

マインド・イレーザー

3Pコネクタ

アオミシマ

Calvin Coolidge

グラス・ハチェット

後付けPARKA





安楽死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安楽死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの安楽死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS