原虫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 原虫 > 原虫の意味・解説 

原虫

Protozoa

【概要】 微生物一群細菌真菌よりは大きい1個の細胞からできている。種類により特有の宿主生活環をもっている。病原体としては、例え梅毒スピロヘータ赤痢アメーバトキソプラズマクリプトスポリジウムなど。かつてニューモシスチス肺炎の原因であるニューモシスチス・イロベジーも「カリニ」と呼ばれ原虫と考えられていたが、最近真菌考えられている。

《参照》 トキソプラズマクリプトスポリジウム症


原虫 [Protozoa]

 原生生物界の中の1群で、原生動物ともよばれ単細胞の最も原始的動物群をいう。大きさは1μm(1mmの千分の1)から3mmまでかなり広範囲であるが、5-50μmの原虫が多い。原虫には淡水汽水海水などあらゆる水中土壌中に生息する自由生活型と、種々の動物寄生して病気をおこす寄生性原虫(病原性原虫)も多い。二分裂、多分裂出芽による無性生殖と、接合などによる有性生殖増殖する。栄養摂取の点からみると、動物性栄養植物性栄養腐生栄養とこれらの混合型がある。原虫の分類長い間まっていなかったが、1980年国際的新しく体系化され、肉質鞭毛虫類、ラビントモルファ類、アピコンプレックス類、微胞子虫類、アスケトスポラ類、粘液胞子虫類(ミクソゾア類)、繊毛虫類の7門に大きく分けられている。現在、およそ65,000種が知られているが、とくにヒト消化管寄生する赤痢アメーバ(肉質鞭毛虫類根足虫類)やクリプトスポリジウム (アピコンプレックス類、胞子虫類)、泌尿生殖器寄生するトリコモナス原虫(肉質鞭毛虫類動物性鞭毛虫類)、血液組織寄生するマラリア原虫トキソプラズマ(アピコンプレックス類、胞子虫類)などのほかに、パランチジウムやカリニ肺炎ニューモシスチスのような詳細不明の原虫が知られている。また、家畜魚介類病気をおこす多く寄生原虫がある。

原虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/28 09:27 UTC 版)

原虫(げんちゅう)とは、真核単細胞微生物であって動物的なものを指す語。もともと原生動物と同義であったが、現在では寄生性で特に病原性のあるものについて言うことが多い。これは寄生虫学において単細胞の寄生虫を原虫として区分していることによる。また病理学方向からは、病原体の大部分は細菌類なので、そうでないものをこう呼ぶ。




「原虫」の続きの解説一覧





原虫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原虫」の関連用語

原虫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

K003

肱川

ブラウインタム

菊ヶ浜海水浴場

山姥

三角カン

テグー

轟水源





原虫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS