クリプトスポリジウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 原生生物 > 原生生物 > クリプトスポリジウムの意味・解説 

クリプトスポリジウム

平成8年6月埼玉県越生町水道水起因するクリプトスポリジウム感染症発生しました。クリプトスポリジウムは動物の腸に寄生する大きさ約5μm原虫で、下痢や軽い発熱などの症状を引き起こします。クリプトスポリジウムへの対策としては、塩素消毒効果が弱いため、浄水場では徹底したろ過処理により水中からの除去を行っています。クリプトスポリジウムに関係の深い指標としては、大腸菌数、ふん便性大腸菌群数、ふん便性連鎖球菌数及び濁度などがあげられます。

クリプトスポリジウム[Cryptosporidium parvum]

 クリプトスポリジウムは胞子虫類コクシジウム類属す原虫で、多く動物感染する。ヒト感染して激し下痢腹痛原因となるのはパルバム(C. parvum)である。
このC. parvumは、腸管粘膜の上細胞微絨毛内に寄生して、無性生殖有性生殖激しく繰り返しながら増殖し、オーシスト呼ばれる直径約5μm楕円形の時期を持つ。人共通伝染病としての特徴があり、保有している動物糞便と共に排泄された成熟したオーシスト食品飲料水手指などを介して経口的に摂取される。
オーシスト手指器具消毒に用いる濃度消毒薬に対して抵抗性を示すので、院内感染原因としても重要である。オーシスト大きさが約5μm小さい為、通常の上水道用の浄水処理で凝集沈降濾過を行っても完全に除去することは困難で、浄水処理に用いる塩素消毒濃度では全く死滅しない。一旦、C. parvum の汚染が起こると、上水道を介して大規模集団感染になる。日本でも、1996年6月埼玉県内で発生した町営水道汚染例では、対象地区住民の約65%に当たる約9千人下痢発症し、24人が入院した。
リットル水道水数個程度が含まれていても感染者が発生した事から考えると、この原虫の感染力は強いのでしよう。一般に原虫培養することが難しいので、培養試験はできません。患者糞便顕微鏡で見ると4本のバナナのような構造物(オオシスト)が検出されます。水道水検査では、1リットル水道水フィルター濾過をして、顕微鏡でオオシストを見付けるか、またはフィルター上に存在する原虫免疫抗体用いて検出します。クリプトスポリジュウムと似た原虫にイソスポーラがあり、下痢起こします。

クリプトスポリジウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/26 17:04 UTC 版)

クリプトスポリジウム(学名:Cryptosporidium Tyzzer, 1907)は、アピコンプレックス門に属する原虫であり、ヒトを含む脊椎動物の消化管などに寄生する。種と宿主の組み合わせ次第ではクリプトスポリジウム症を引き起こし、致死的になる場合もある。クリプトスポリジウム・パルバム(遺伝子型1または2)は病原性原虫としては唯一、感染症法により特定病原体等(四種病原体)に指定されている。この1属をもってクリプトスポリジウム科 Cryptosporidiidae Leger, 1911 を構成する。学名は、ギリシア語でkryptos隠れた + ラテン語のsporidium担子胞子(sporaで種)に由来する。


  1. ^ 伊藤直之、村岡登、金井一享、中尾るり子、堀泰智、星史雄、樋口誠一「家庭飼育犬および猫におけるクリプトスポリジウム抗原の検出」、『動物臨床医学』第17巻第1号、2008年3月20日、 19-23頁、 NAID 10021220801
  2. ^ Rosales, M. J. et al. (2005). “Extracellular like-gregarine stages of Cryptosporidium parvum”. Acta Tropica 95: 74-78. doi:10.1016/j.actatropica.2005.03.009. 
  3. ^ Ronald Fayer (2009). “Taxonomy and species delimitation in Cryptosporidium”. Exp. Parasitol.. doi:10.1016/j.exppara.2009.03.005. 
  4. ^ 和名は、日本寄生虫学会用語委員会 「暫定新寄生虫和名表」 2008年5月22日に基づく。
  5. ^ Slapeta (2006). “Cryptosporidium species found in cattle: a proposal for a new species.”. Trends Parasitol. 22: 469-474. 
  6. ^ クリプトスポリジウムとは?岡山県環境保健センター
  7. ^ Korich, D. G., J. R. Mead, et al. (1990). "Effects of ozone, chlorine dioxide, chlorine, and monochloramine on Cryptosporidium parvum oocyst viability." Appl Environ Microbiol 56(5): 1423-8.
  8. ^ Rochelle, PAUL A. (2004 Sep-October). “Irreversible UV inactivation of Cryptosporidium spp. despite the presence of UV repair genes”. J Eukaryot Microbiol 51 (5): 553–62. doi:10.1111/j.1550-7408.2004.tb00291.x. PMID 15537090. 
  9. ^ Ultraviolet Disinfection and Treatment”. AWWARF.org. 2007年5月6日閲覧。


「クリプトスポリジウム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クリプトスポリジウム」の関連用語

クリプトスポリジウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




クリプトスポリジウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2014 京浜河川事務所 All rights reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリプトスポリジウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS