真菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 真菌の意味・解説 

真菌

Fungus

【概要】 真菌はカビ仲間総称原虫よりは小さく細菌よりは大きい。カンジダアスペルギルスクリプトコッカス、ムコールなどが有名。ミズムシ白癬菌皮膚の真菌感染症菌糸という根をはったり胞子を作ったりしてキノコみたい。健常人でも皮膚粘膜などに付着しているが、免疫力が正常だったり、そこに他の細菌優位をしめているので真菌は負けてしまって増殖できない免疫力低下すると悪さして(日和見感染)を起こす

《参照》 カンジダクリプトコッカス症アスペルギルス症


真菌

【仮名】しんきん
原文fungus

葉緑素合成しない植物性生物キノコ酵母カビなどがある。複数形fungi

真菌 [Fugus(gi)]

 真核生物中の原生生物界の1群で、一般的な名称で分類上の用語ではないが、きのこ、かび、酵母などが真菌である。また、菌類という名称も真菌と粘菌(変形菌)をまとめた一般的な用語である。生物学的にはきのこで代表される担子菌類、かびとよばれる子嚢菌類酵母含まれる不完全菌類およびかびなどの鞭毛菌類接合菌類分けられる。
酵母以外のほとんどの真菌は多性で、菌糸体よばれる長い栄養体をもち、枝分かれしている場合が多い。菌糸体生殖細胞(有性生殖接合子)または胞子(無性生殖)や遊走子などの発芽でつくられる。真菌は細菌藍藻のような原核生物と違って、高等動植物原生生物同様に真核細胞でできているから、二重の核膜に囲まれたがあり、全て好気性菌で、呼吸ミトコンドリアよばれる器官行われるまた、一般植物の細胞と似て、キチンセルロースグルカンマンナンあるいはキシランなどの多糖から成る厚い細胞壁をもっているが、おもに有機物直接摂取して栄養にしているので、多く原虫粘菌同様に従属栄養性原生生物である。
担子菌類では、まず接合子担子器成長し、その担子器端から胞子ができて放出される。きのこはこの担子胞子をつけた比較大きな子実体よばれる部分である。担子胞子から栄養菌糸がつくられる。
子嚢菌類では接合子が袋状の構造体である子嚢の中で減数分裂有糸分裂を行って子嚢胞子となり、やがて子嚢がやぶれて胞子放出され、胞子から栄養菌糸になる。アオカビ(ペニシリウム)、クロカビ(アスペルギルス)、アカパンカビ(ニューロスポラ)などはこれに属する。
不完全菌類有性生殖をしないか、有性世代が知られていない菌類暫定的分類名である。ボトリチスセファロスポリウム、トリコフィトン(白癬菌などがこれに属する。酵母はほとんど菌糸状(偽菌糸をつくる酵母もある)にならず、球形または卵形単細胞で、その出芽によって増殖する。したがって、酵母分類上、担子菌類子嚢菌類不完全菌類いずれかに属している。
藻菌類運動しない胞子接合によって接合胞子をつくる接合菌類と、鞭毛がある遊走子をつくる鞭毛菌類分けられる。ただし、現在、藻菌類という名称はあまり使われず、接合菌類とともにツボカビ類、サカゲツボカビ類、卵菌類として独立させて取り扱われることが多い。接合菌類には陸生クモノスカビケカビなどがあり、卵菌類には魚類甲殻類寄生する種々のミズカビノリの壷状菌などがある。
 しかし、全生物からみた真菌の分類上の位置付けについては、いくつかの説があるが、最近、これらの真菌の中で担子菌類子嚢菌類不完全菌類接合菌類と、藻類と真菌の共生体である地衣類まとめて菌界」とし、従来の真菌に含められていたツボカビ類、サカゲカビ類、卵菌類などは原生生物界として分け傾向にある。
真菌の多く腐生菌であるが、アルコール飲料味噌チーズなどの酪農品の製造欠かせない有用なものも多いが、中には上記のようにヒトをはじめ種々の動物果樹穀類あるいは野菜などの植物病原菌もある。なお、真菌にはペニシリンなどの抗生物質アフラトキシンのような真菌毒素ジベレリンのような植物ホルモンビタミン酵素その他の生理活性物質をつくるものも知られている。その発育は抗真菌性抗生物質阻止される。

菌類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/17 13:13 UTC 版)

(真菌 から転送)

菌類(きんるい)とは、一般にキノコカビ酵母と呼ばれる生物の総称であり、菌界(学名Regnum Fungi )に属する生物を指す。




[ヘルプ]
  1. ^ Moore RT. (1980). “Taxonomic proposals for the classification of marine yeasts and other yeast-like fungi including the smuts”. Botanica Marine 23: 361–73. 
  2. ^ 以上、ウェブスター・椿、p.1より、変形菌関連を除いて記述
  3. ^ Cavalier-smith,2001,p3
  4. ^ ウェブスター・椿より
  5. ^ Hibbett et al. A higher-level phylogenetic classification of the Fungi. Mycological research (2007) 111:509-547



真菌

出典:『Wiktionary』 (2009/03/26 08:13 UTC 版)

名詞

しんきん

  1. 菌類に同じ。

関連語

翻訳






真菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

真菌に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「真菌」の関連用語

真菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




真菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2014 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菌類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS