分子人類学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 分子人類学の意味・解説 

分子人類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/18 15:23 UTC 版)

分子人類学(ぶんしじんるいがく、molecular anthropology)とは人類学の一分野。分子生物学を人類研究に応用して、ヒト集団の遺伝的系譜やその多様性、疾患との関連性を議論する場合が多い。広義の自然人類学に含めることがあるが、形質人類学には内包されない。






「分子人類学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「分子人類学」の関連用語

分子人類学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

両翼潰し

第五しょうどしま丸

アジアゴ

インジケーターランプ

ケブカヒメカブト

一升瓶包み

ヒメダイ

乾乳





分子人類学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分子人類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS