上野原遺跡とは?

上野原遺跡

名称: 上野原遺跡
ふりがな うえのはらいせき
種別 史跡
種別2:
都道府県 鹿児島県
市区町村 国分市川内
管理団体
指定年月日 1999.01.14(平成11.01.14)
指定基準 史1
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 上野原遺跡は鹿児島県中央国分市所在する縄文時代早期前葉集落跡である。遺跡錦江湾に接した標高25dmの上野原台地立地する。上野原台地自体姶良カルデラ錦江湾起源火砕流堆積したシラス台地であるが,台地上には桜島噴出源とする10数層の火山灰厚く堆積している。早期前葉集落跡はこれら火山灰層のうち,約9,500年前に降下した軽石層(P-13)の直下から,良好保存された状態で発見された。
 集落跡は台地中央から台地北縁にかけてのびる自然の浅い谷を利用した2筋の道に沿って広がり竪穴住居52棟,集石造39基,土坑260基,煙道付き炉穴16基がいくつかの群をなして配置する。
 竪穴住居跡は山辺2~5m隅丸方形ないし長方形を呈し,床面積は3~10平方メートルである。柱穴竪穴住居跡の掘り込み外側にくるものが多い。数ヶ所の柱穴外周巡り上屋主柱を持たない構造あったらしい。また,住居覆土への火山灰堆積状況から一時期在居10前後であろう推定される。煙道付き炉穴焚き口煙出しの2つの掘り込みトンネルでつなぎ二割抜き連結部分焼土木炭が散らばった硬化面がある。集石遺構は径30cm前後から,160×120cmほどのものまであり,下部に掘り込みのある例もある。安山岩角礫円磯数個から100前後まで積年上げられ,中には石皿破片磨石等の石器再利用されている。この連穴土坑と集石遺構はともに調理施設考えられ,前者薫製を作った施設後者は石蒸し料理の跡と推定される。土坑住居跡群の間に散在し,特に集中して存在する箇所もある。その規模平面形は径70~150cmの円形長辺60~160cmの長方形長軸90180cm楕円形など様々なものがあり,貯蔵穴,墓坑などの性格考えられる
 遣物としては,早期前葉前平土器や石鋲・磨製石斧石皿・摩石などがあり,縄文時代道具立てがすべて揃っている
 南九州では石皿磨石に示される木の実など植物質食料加工技術,集石造構・煙道付き炉穴そして土器に示される食料調理法早くから確立し,それら技術背景列島他地域に先駆けて縄文時代草創期から安定した社会が営まれた。これまで加世田市栫ノ原遺跡鹿児島市栗山遺跡西之表市奥ノ仁田遺跡などがその状況明らかにしてきたが,上野原遺跡は食料獲待上の技術革新よって集落規模まで拡大した上縄文時代初期遺跡として最大集落跡である。軽石層によって保護された50棟以上の住居跡群や多数植物質食料調理加工施設,そして追跡長期にわたる生活痕跡として残され,列島における定住生活の始まり状況端的に示している。我が国縄文文化幕開きを知る上に欠くことのできない重要な遺跡であり,よって,史跡指定保存をはかろうとするものである

上野原遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/10 15:13 UTC 版)

上野原遺跡(うえのはらいせき)は、鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森にある縄文時代早期から近世にかけての複合遺跡。遺跡の周辺は鹿児島県上野原縄文の森と呼ばれる県営公園として整備されている。また、鹿児島県立埋蔵文化財センターが敷地内に併設されており、鹿児島県の考古学発掘調査研究の中心的な拠点となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ 鹿児島県上野原縄文の森の設置及び管理に関する条例
  2. ^ 指定管理者の指定
  3. ^ 「南九州の初期縄文遺跡」新東晃一 『日本の考古学』奈良文化財研究所編集 学生社 2007年4月


「上野原遺跡」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上野原遺跡」の関連用語

上野原遺跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドラッグスター250

牧之原・川根路のお茶

コブシメ

阿寒国立公園

越中和紙

アンビル

30000系

口永良部島





上野原遺跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上野原遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS