ダイヤモンドやすりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダイヤモンドやすりの意味・解説 

ダイヤモンドやすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 04:14 UTC 版)

ダイヤモンドやすり(ダイヤモンド鑢、ダイヤモンドヤスリ)は特殊金属(ニッケル等)を用いたメッキ法(電着という)によりダイヤモンド、またはボラゾン(立方晶窒化ホウ素、別称CBN)砥粒をスチール製の台金(つまりヤスリの形をしたベース)に結合させたやすり。大変結合力があるので突出量を大きくでき、また表面の集中密度が高いので良好な切削性を発揮する。上記呼称を(ダイヤモンドが電着されていることを前提にして)略して「電着やすり」とも言う。通常のやすり形状のもののほか、回転砥石(ダイヤモンド、ボラゾン電着ホイール)、リューター用の軸付(棒状)の砥石等がある。






「ダイヤモンドやすり」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイヤモンドやすり」の関連用語

ダイヤモンドやすりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

新潟焼山

沖縄復帰20周年記念500円白銅貨幣

アピストグラマ・ヴィエジタ

レガシィ

リアルモーションシステム

キッズケータイ F801i

睦月

AH-J3003S





ダイヤモンドやすりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイヤモンドやすり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS