ダイヤモンドやすりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダイヤモンドやすりの意味・解説 

ダイヤモンドやすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 04:14 UTC 版)

ダイヤモンドやすり(ダイヤモンド鑢、ダイヤモンドヤスリ)は特殊金属(ニッケル等)を用いたメッキ法(電着という)によりダイヤモンド、またはボラゾン(立方晶窒化ホウ素、別称CBN)砥粒をスチール製の台金(つまりヤスリの形をしたベース)に結合させたやすり。大変結合力があるので突出量を大きくでき、また表面の集中密度が高いので良好な切削性を発揮する。上記呼称を(ダイヤモンドが電着されていることを前提にして)略して「電着やすり」とも言う。通常のやすり形状のもののほか、回転砥石(ダイヤモンド、ボラゾン電着ホイール)、リューター用の軸付(棒状)の砥石等がある。






「ダイヤモンドやすり」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイヤモンドやすり」の関連用語

ダイヤモンドやすりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グロリア

スカッシュ

ラムスデル鉱

カラスタケ

炭酸飲料の製造工程

ミズキ

2目ゴム編み

イセⅠ型





ダイヤモンドやすりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイヤモンドやすり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS