鋸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > の意味・解説 

のこ [1] 【鋸

のこぎり」の略。 「糸-」 「弓-」

【きょ】[漢字]

【 去 】 [音] キョ ・コ
遠ざかる。 「 去就去来去留死去辞去退去
過ぎさる。 「 去歳去秋去年過去(かこ)
取り除く。 「 去勢除去撤去
漢字四声一つ。 「 去声(きよしよう)(きよせい)) 」
【 巨 】 [音] キョ ・コ
大きい。 「 巨漢巨艦巨岩巨材巨刹(きよさつ)巨人巨体巨大巨砲巨木巨細(こさい)(きよさい)) 」
非常に多い。 「 巨億巨額巨財巨費巨富巨万巨利
スケール大きい。 「 巨魁(きよかい)巨匠巨頭
【 居 】 [音] キョ ・コ
すむ。すむところ。 「 居室居住居所居宅居留隠居家居起居群居穴居皇居雑居住居転居同居独居別居幽居安居(あんご)(あんきよ)) 」
【 拒 】 [音] キョ
ふせぐ。 「 拒止抗拒
こばむ。ことわる。 「 拒絶拒否峻拒(しゆんきよ)
【 拠 ( 據 ) 】 [音] キョ ・コ
よる。
よりかかる。たよる。 「 依拠
自分のものにする。たてこもる。 「 割拠占拠
よりどころ。 「 拠点根拠準拠典拠本拠論拠証拠(しようこ)
金銭出し合う。 〔「醵」の代用字としたことから〕 「 拠金拠出
【 炬[音] キョ ・コ
かがりびたいまつ。 「 炬火(きよか)(こか)) ・炬燭炬燵(こたつ)松炬
【 挙 ( 擧 ) 】 [音] キョ ・コ
あげる。あがる。
上にあげる。 「 挙手
例証として)とり出す。 「 挙証挙例
数えあげる。ならべる。枚挙列挙
とりたてて地位につかせる。 「 挙用科挙推挙選挙
捕らえる。 「 検挙
とりおこなう実行する。 「 挙行挙式挙兵快挙義挙壮挙美挙出挙(すいこ)
あげて。皆。こぞって。 「 挙国挙世
【 虚 ( 虛 ) 】 [音] キョ ・コ
中身がない。うつろ。 「 虚無空虚
うそ。いつわり。 「 虚偽虚言虚構虚伝虚報
うわべだけの。 「 虚栄虚飾虚名虚礼
先入観邪心がない。 「 虚心謙虚
よわい。よわる。 「 虚弱虚脱
【 許 】 [音] キョ
ゆるす。 「 許可許婚許諾許否許容官許公許裁許聴許勅許特許認許免許黙許
おおよその量。ばかり。 「 許多
【 渠[音] キョ
みぞ。ほり。 「 暗渠溝渠船渠
大きい。「巨」に同じ。 「 渠魁(きよかい)
【 距 】 [音] キョ
へだて。へだたり。 「 距離 ・測距儀
【 噓 [音] キョ
息を吐く。嘆息する。 「 吹噓
うそ。いつわり。 「 噓言 」
【 墟[音] キョ
荒れ果てたところ。旧跡。 「 殷墟廃墟
【 踞[音] キョ ・コ
うずくまる。しゃがむ。ひざを立てて座る。 「 踞座蹲踞(そんきよ)(そんこ)) ・盤踞(ばんきよ)蟠踞(ばんきよ)竜蟠虎踞(りゆうばんこきよ)
【 鋸[音] キョ
のこぎり。 「 鋸歯鋸屑(きよせつ)
【 遽[音] キョ
急な。あわただしい。にわか。 「 急遽
あわてる。 「 遽然
【 醵[音] キョ
金銭出し合う。 「 醵金醵出

のこ ぎり [3] [4] 【鋸

〔「のほぎり」の転〕
薄い鋼板の縁にぎざぎざの歯を刻み付け木材石材金属などを切るのに用いる工具。手で押したり引いたりするものと,動力によって駆動するものとがある。のこ。

のほ ぎり 【鋸

のこぎり」の古名。〔新撰字鏡〕 〔和名抄


鋸 (のこぎり)

鋸 天王寺鋸、手曲鋸、先山鋸、伐木用鋸などともいわれる横挽鋸である。木材繊維横から切る歯が付いているので、伐倒玉切りにも使用された。古墳時代中国から渡来してきたが、細工用の小型のものであり、また、押して切るものであった物が前挽に改良されて、木材加工方面にも鋸が普及した。伐木造材に使われたのは江戸時代後期からである。全長82cm、歯渡り51cm、柄の長さ18.3cm、重さ0.84kgである。

作者ボレスワフ・レシミャン

収載図書ポケットのなかの東欧文学ルネッサンスから現代まで
出版社成文社
刊行年月2006.11


読み方:のこぎり

  1. 一般売買取引。〔第四類 言語動作
  2. 売買取引を云ふ。
  3. 売買取引のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/19 17:19 UTC 版)

(のこぎり、のこ)とは、一枚の鋼板の側面に多くの刃(歯・目)をつけた工具である。




  1. ^ 建設通信新聞記事(2011年3月25日第16面)
  2. ^ ヴィトルト・リプチンスキ『ねじとねじ回し』春日井昌子訳、株式会社早川書房、2003年10月31日5版発行、15&16頁。Witold Rybczynski 『ONE GOOD TURN (A Natural History of the Screwdriver and the Screw)』


「鋸」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 16:04 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





鋸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鋸に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鋸」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

鋸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

除草機

金ごき

スキ

枠

水田除草機

籾摺機

脱穀台

蚕種貯蔵箱





鋸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鋸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS