刀子とは?

とう し たう- [0] 【刀子】

とうす(刀子)

とう す たう- [1] 【刀子】

短刀小さめな刀。とうし。
考古学美術史などで,小刀をいう語。

刀子 (とうす)

長さ30cm以下の小さな刀のことです。


刀子

読み方:トウス(tousu)

細小の刀。


刀子(とうす)

平安時代初期以前貴族が用いた、装飾的要素が強い工作用の小刀正倉院に遺されている刀子は、刃長が七分ほどから五寸超えるものまで多々あり、柄はわずかに角度付けられて穂身は片切刃、唐草文が金象嵌された例もある。柄と鞘は黒檀などの堅木象牙などが用いられ、鞘口辺り鞘尻金具付けられて細紐の下緒が付されている。また、複数小刀収められる形式三合刀子や十合刀子、また、小刀以外にも鑢や錐などを収めた作があり、ここから工具としての性格が明らかとなっている。近代では正倉院に遺されている刀子を現代刀匠隅谷正峯師(人間国宝)が正確に写している。これは柄鞘共象牙地で、鞘の表面紅色染め花鳥文様削り取って表わした撥鏤(ばちる)と呼ばれる装飾手法用いており、奈良期の貴族高雅な趣が充満する。

刀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/01 22:52 UTC 版)

刀子(とうす)は、ものを切る、削るなど加工の用途に用いられる工具の一種。現代の小刀(小型万能ナイフ)に通じる。長さ15〜30cm程度。


  1. ^ 横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』p.21-22
  2. ^ 日本の考古学II 縄文時代 鎌木義昌編 1965年 河出書房 pp.430-431
  3. ^ 事実、日本の律令時代では兵が装備するものの一つとして、「刀子1つ」が定められており、兵装の一つとして認識されていた。参考・『日本思想体系 律令』 岩波書店 1976年


「刀子」の続きの解説一覧

刀子

出典:『Wiktionary』 (2011/09/08 07:33 UTC 版)

名詞

(とうす、とうし

  1. 小形の刀。

発音

と↘ーす
と↗ーし





刀子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

刀子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「刀子」の関連用語

刀子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

右方屈曲あり

聖衆来迎寺

OP-3C

小彼岸

菅島灯台

ボディテディ

かつらぎ

原油タンカー





刀子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2016,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刀子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの刀子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS