馬肉 民間療法

馬肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/18 16:01 UTC 版)

民間療法

民間療法として筋を痛めたり打撲の患部に馬肉を貼り付けるというものが存在する。1936年日本プロ野球巨人藤本定義監督は、登板が続いて肩を痛めたエース沢村栄治に馬肉をにあてさせたという[29]。時代は下り、福岡ダイエーホークス王貞治監督がの打撲で途中交代した秋山幸二に贈ったところ、彼は「これを食べて英気を養ってくれ」というメッセージだと勘違いし、平らげてしまったという(秋山の出身地熊本では滋養強壮食として馬肉が食されているため)。

脚注

[ヘルプ]

参考文献

関連項目


  1. ^ Basic Report: 17170, Game meat, horse, raw Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  2. ^ Basic Report: 17171, Game meat, horse, cooked, roasted Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  3. ^ 肉類
  4. ^ 馬肉
  5. ^ 日本馬肉協会 2013, p. 49.
  6. ^ (食安監発0823第1号) (PDF)
  7. ^ 馬肉を介したザルコシスティス・フェアリーによる食中毒Q&A農林水産省、2015年11月17日閲覧。
  8. ^ 日本馬肉協会 2013, pp. 54,58-63.
  9. ^ 「馬肉輸入価格5年で4割高 カナダの生産者、牛肥育にシフト 国内需要は旺盛」『日本経済新聞』朝刊2018年10月5日(マーケット商品面)2018年10月6日閲覧。
  10. ^ 片桐学:信州の食文化 信州短期大学紀要 , Bulletin of Shinshu Junior College 20, 83-88, 2008
  11. ^ [1][リンク切れ] 馬肉の消費が伸びている 値上げでも連日満席 熊本] - 朝日新聞 2014年5月7日
  12. ^ 長野県馬肉流行『新聞集成明治編年史』6巻、林泉社、1936-1940
  13. ^ a b c 日本馬肉協会 2013, p. 126.
  14. ^ [2][リンク切れ]
  15. ^ a b c d H28馬関係資料 農林水産省
  16. ^ 農用馬の活用による地域振興[リンク切れ]
  17. ^ 玉村豊男『食卓は学校である』(集英社新書 2010年)p.202f,
  18. ^ Angus MacKinnon (2013年2月17日). “フランスの馬肉業界、偽装牛肉問題に負けず食の伝統守る”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2928456/10290921 2013年2月17日閲覧。 
  19. ^ FAOSTAT国際連合食糧農業機関、2008年
  20. ^ a b 王利、钱泽涛、「马肉的生产加工现状及其发展趋势」『肉类研究』2008年9期、pp66-68、2008年、中国肉类食品综合研究中心。
  21. ^ a b 李時珍本草綱目』「獸之一」、明 [3][出典無効]
  22. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 93-94.
  23. ^ “馬肉偽装問題、食文化を考える契機に”. ナショナルジオグラフィック. (2013年1月13日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7546/ 2016年6月16日閲覧。 
  24. ^ 米国の馬屠殺防止法案を取巻く情勢(アメリカ)[リンク切れ] - (財)競馬国際交流協会
  25. ^ Alan Bjerga; Amanda J.Crawford (2013年4月6日). “米、馬肉生産再開に賛否両論”. サンケイビズ (ブルームバーグ). オリジナルの2013年4月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130419112940/http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130406/mcb1304060502009-n1.htm 2013年4月7日閲覧。 
  26. ^ CASSELL BRYAN-LOW; RUTH BENDER (2013年2月12日). “欧州で馬肉混入スキャンダル 食品のラベル表示に不信高まる”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324650504578299021128517326.html 2013年2月12日閲覧。 (詳しくは馬肉混入問題を参照)
  27. ^ “「ビーフバーガー」に馬肉混在、競馬サークルにも波紋”. NET KEIBA.com (NET KEIBA.com). (2013年1月15日). http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=22277 2013年2月10日閲覧。 
  28. ^ 豪競走馬、年数千頭が虐待され食肉処理か 日本にも輸出 潜入調査報道”. AFP (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。
  29. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』p.18





馬肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬肉」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
桜肉 国語辞典
94% |||||

8
76% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

馬肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS