第XIII因子 診断での利用

第XIII因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 09:02 UTC 版)

診断での利用

第XIII因子のレベルは日常的な測定は行われないが、原因不明の出血傾向を有する患者では考慮に入れてもよい。この酵素は単球マクロファージに極めて特異的に存在するため、第XIII因子の存在の決定は、これらの細胞が関与する悪性疾患の同定や分類に利用できるかもしれない[4]

発見

第XIII因子は、1948年にこの因子の存在を最初に提唱した科学者Kalman LakiLaszlo Lorandの名に由来する、Laki–Lorand因子としても知られている[2]。2005年の会議で命名法の統一が勧奨された[4]

出典

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク




  1. ^ a b c d e f g h i j k l “Factor XIII: a coagulation factor with multiple plasmatic and cellular functions”. Physiological Reviews 91 (3): 931–72. (July 2011). doi:10.1152/physrev.00016.2010. PMID 21742792. https://semanticscholar.org/paper/b66ce47e91a18be0b344195205ec3a8c824db3ec. 
  2. ^ a b “On the Solubility of Fibrin Clots”. Science 108 (2802): 280. (September 1948). Bibcode1948Sci...108..280L. doi:10.1126/science.108.2802.280. PMID 17842715. 
  3. ^ Factor XIII Deficiency in Iran: A Comprehensive Review of the Literature. Seminars in thrombosis and hemostasis;. 41. (2015). pp. 323–329. 
  4. ^ a b “Factor XIII: recommended terms and abbreviations”. Journal of Thrombosis and Haemostasis 5 (1): 181–3. (January 2007). doi:10.1111/j.1538-7836.2006.02182.x. PMID 16938124. 


「第XIII因子」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第XIII因子」の関連用語

第XIII因子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第XIII因子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第XIII因子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS