日泰関係 外交使節

日泰関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 07:46 UTC 版)

外交使節

在タイ日本大使・公使

在日タイ大使

  1. プラヤー・スィー・セナータイ語版(1937~1941年)
  2. ディレーク・チャイヤナームタイ語版英語版(1942~1943年)
  3. ルアン・ウィジット・ワーガーン(1943~1945年)
    ※1945~1950年は、タイから日本への駐箚なし
  4. サガー・ニンガムヘン(1950~1954年)
  5. ルアン・ピニット・アクソーン(1954~1958年)
  6. モームチャオ・シッシャノック・グリダーコーンタイ語版殿下(1958~1964年)
  7. ウィトゥーン・ホンサウェート(1964~1966年)
  8. オーブン・ワニックン(1966~1972年)
  9. スポット・ピアンスントーン(1972~1973年)
  10. ソムポーン・スチャリックン(1973~1977年)
  11. パヨン・シュティクン(1977~1979年)
  12. サウィチェーン・ワッタナクンタイ語版(1980~1987年)
  13. モムルアン・ピーラポン・ガセームスィータイ語版(1988~1991年)
  14. ジェーツ・スチャリックン(1991~1994年、信任状捧呈は7月4日[22]
  15. シャワット・アッタユック(1994~1999年、信任状捧呈は11月22日[23]
  16. サクティップ・グライラーク(1999~2001年、信任状捧呈は5月6日[24]
  17. カシット・ピロムタイ語版英語版(2001~2004年、信任状捧呈は12月21日[25]
  18. スウィット・シマサクン(2004~2009年、信任状捧呈は7月23日[26]
  19. ウィーラサック・フートラクーンタイ語版(2010~2012年、信任状捧呈は2月19日[27]
  20. タナティップ・ウパティシン(2012~2014年、信任状捧呈は12月20日[28]
  21. シハサック・プアンゲッゲオ(2015~2016年、信任状捧呈は5月7日[29]
  22. バンサーン・ブンナークポーランド語版(2016~2019年、信任状捧呈は3月31日[30]
    臨時代理大使)サリニー・ポンプラパイ(2019~2020年)
  23. シントン・ラーピセートパン(2020年~、信任状捧呈は3月17日[31]



  1. ^ 『高麗史』46巻参照。"王引見勞之對曰: "戊辰年受命發船至日本留一年今日至貴國得見殿下頓忘行役之勞.""
  2. ^ 日本船の東南アジア進出などの影響もあり、1570年には琉泰交易は断絶した。
  3. ^ a b c d e 世界からみた靖国神社 日本会議
  4. ^ 吉川利治, 「タイ国ピブーン政権と太平洋戦争」『東南アジア研究』 19巻 4号 1982年 p.363-387(p.365), 京都大学東南アジア地域研究研究所, doi:10.20495/tak.19.4_363
  5. ^ 宮崎申郎「矢田部公使ノ対暹工作」外務省外交史料館 A-6-0-0-1_27_002 諸外国内政関係雑纂 暹羅国ノ部 第二巻, 1942.6.15, 5 (国立公文書館アジア歴資料センター B02031579300, Real No.A-0642_0391)[リンク切れ]
  6. ^ a b c d 村嶋英治 2000, pp. 143.
  7. ^ METAID=00501949&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1 「泰へ同盟慶祝答礼使節 特派大使、広田弘毅氏 補佐に矢田部全権大使 近く出発」『大阪毎日新聞』1942年6月21日付。神戸大学経済経営研究所「新聞記事文庫」収録
  8. ^ a b 村嶋英治 2000, pp. 141-142.
  9. ^ 村嶋英治 2000, pp. 142.
  10. ^ 村嶋英治 2000, pp. 144-145.
  11. ^ a b 村嶋英治 2000, pp. 145-146.
  12. ^ 村嶋英治 2000, pp. 156.
  13. ^ 村嶋英治 2000, pp. 159.
  14. ^ 村嶋英治 2000, pp. 161.
  15. ^ 終戦六十年を迎えて アジアから見た大東亜戦争 日本政策研究センター主任研究員 岡田幹彦 『明日への選択』平成17年9月号
  16. ^ a b 世界貿易投資報告”. JETRO. 2018年5月9日閲覧。
  17. ^ 2016年の訪タイ外国人9%増、3260万人 日本人は144万人 | newsclip (ニュース、経済、企業のニュース)」『newsclip』。2018年5月8日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h 日タイ交流の歩み 外務省
  19. ^ 竹本能文; 清水律子 (2013年10月23日). “焦点:訪日外国人、東南アジア急増も韓国は伸び悩み”. Reuters. http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE99M06Z20131023 2014年6月1日閲覧。 
  20. ^ 日タイ修好120周年 知ってる?タイと日本”. 外務省. 2014年6月1日閲覧。
  21. ^ 日タイ修好130周年公式ウェブサイト 外務省
  22. ^ 信任状捧呈式(平成3年) - 宮内庁
  23. ^ 信任状捧呈式(平成6年) - 宮内庁
  24. ^ 信任状捧呈式(平成11年) - 宮内庁
  25. ^ 信任状捧呈式(平成13年) - 宮内庁
  26. ^ 新任駐日タイ王国大使の信任状捧呈について | 外務省 - 2004年7月22日
  27. ^ 外務省: 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 - 2010年2月18日
  28. ^ 在京タイ王国大使館 - 2012.12.20 大使の信任状捧呈式 - 2012年12月21日
  29. ^ 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 | 外務省 - 2015年5月7日
  30. ^ 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 | 外務省 - 2016年3月31日
  31. ^ 駐日タイ大使の信任状捧呈|外務省


「日泰関係」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日泰関係」の関連用語

日泰関係のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日泰関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日泰関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS