中園健司 中園健司の概要

中園健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/14 13:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

人物

福岡県久留米市生まれ。福岡県立三潴高等学校西南学院大学商学部卒業。高校、大学と演劇部に所属。高校の時に映画『若者たち』を観て感動し、その時、監督でも役者でもなく、山内久という脚本家に興味を抱く。大学の演劇部時代に、アクセント辞典に書かれていた日本三大アクセント無視地帯に、地元の久留米が含まれていてショックを受ける。

卒業後、福岡での劇団主宰を経て25歳で上京。夕刊紙を新宿駅の売店に数カ所配るバイトや、アルバイト情報の雑誌を配るバイトをする。映画三昧、読書三昧の生活をおくるなか、脚本家中島丈博の自伝的映画『祭りの準備』を見てシナリオ作家への道を決意。1988年、第2回TBS新鋭シナリオ大賞『消えた箱船』で脚本家デビュー。ちなみに、同年の第2回フジテレビヤングシナリオ大賞は、当時25歳のフリーターだった野島伸司の『時には母のない子のように』である。

これまでに『サラリーマン金太郎』(TBS)、『ベストパートナー』(同)など多数のドラマを書く。2005年には、NHK福岡放送局制作の地域発ドラマ『いつか逢う街』を担当。福岡県飯塚市の嘉穂劇場を舞台に、親子の絆(きずな)を描く。NHKでは他に『楽園のつくりかた』(文化庁芸術祭優秀賞)、『ルームシェアの女』を担当。また『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』(2007年)は、裁判官を初めて主人公としたドラマとして注目され、2008年に続編の『ジャッジII』が制作された。松本清張生誕100年の2009年には映画『ゼロの焦点』(東宝)、TV『顔』(NHK)、翌2010年に『霧の旗』(NTV)と清張原作を立て続けに手掛ける。

2013年10月6日、食道癌のため死去[3]。60歳没。

連続ドラマ

単発ドラマ

映画




「中園健司」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中園健司」の関連用語

中園健司のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中園健司のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中園健司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS