XGAとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > XGAの意味・解説 

VGA/SVGA/XGA

米IBMによるパソコンディスプレイの解像度の規格。全て4対3での解像度を示している。VGAは480 ×640 、SVGAは600 ×800 、XGAは720 ×1024ドット。VGA〓SVGA〓XGAの順に画質が良くなる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


XGA

フルスペル:eXtended Graphics Array
読み方エックスジーエー

XGAとは、ディスプレイ解像度に関する規格で、1024×768ドット画面表現する規格のことである。

元々、XGAの名称は、IBM開発したビデオカードの名称だった。そこでは、1024×768画面256色によって表示することができた。このビデオカード広く普及し、やがて解像度を示す表現として定着した。

XGAを拡張したディスプレイサイズとしては、XGAのワイド画面といえる1280×768ドットWXGAワイドXGA)や、縦横にさらに大きくしたSXGA1280×1024)や、縦横拡張して高精細な表示を可能にした1600×1200ドットUXGA規格などがある。

表示装置のほかの用語一覧
解像度:  WQXGA  WQVGA  WHXGA  WHSXGA  WSXGA+  WSVGA  XGA

XGA

読み方えっくすじーえー

eXtended Graphics Arrayの略で、1024×768ピクセル解像度を指す。15インチクラスの液晶ディスプレイ画面標準的に使われている。もとはIBM社が発表したグラフィックス規格の名称だった。 VGA拡張し、解像度1024×768ピクセル256色表示可能にした。アスペクト比4:3相当。

Extended Graphics Array

(XGA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/17 04:36 UTC 版)

Extended Graphics ArrayXGA、えっくすじーえー)は、1990年IBMが発表したビデオ(ディスプレイ、グラフィック)規格、またはそのビデオアダプターで、VGA上位互換で最大1024x768の画面解像度を持つ。転じて、単に1024x768の画面解像度を「XGA」と呼ぶ場合もある。






「Extended Graphics Array」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「XGA」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

5
70% |||||

6
70% |||||

7
58% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||


XGAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



XGAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2019 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリXGAの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのExtended Graphics Array (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS