Great White Sharkとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 皮革の種類 > Great White Sharkの意味・解説 

ホホジロザメ(一般和名); グレートホワイトシャーク

商業名:Great White Shark
学名Carcharodon carcharias

マンイーターとも呼ばれるホホジロザメは、体長7メートル達するものもあり、海生哺乳類アザラシイルカ等)を食すため、人間も襲うと言われています。


ホオジロザメ

学名Carcharodon charcharias 英名:Great white shark
地方名ホオジロホホジロ 
脊椎動物門軟骨魚綱ネズミザメ目ネズミザメ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
サメ類の中では大型で、体重は1900kg近くにもなる。尾びれ三日月形をし、尾柄の側部に1本の隆起が走る。歯はほぼ二等辺三角形鋭く、その縁辺ノコギリ状になる。イルカ小型クジラを食べ、人間危害加えることもあり恐れられている。胎生である。

分布:世界亜熱帯温帯海域沿岸部 大きさ:12m
漁法:マグロ延縄 食べ方:練り製品


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Great White Shark」の関連用語

Great White Sharkのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Great White Sharkのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2020 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2020 Weblio RSS