鳴戸奈菜とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 鳴戸奈菜の意味・解説 

鳴戸奈菜

鳴戸奈菜の俳句

いま合掌すれば黄金のかたつむり
さざなみのからだにおよび沼九月
さびしさに蛇や蜻蛉を生んでみる
そよそよと言葉とことば関係す
ゆく夏の腰の辺りに塗薬
カットグラス今うぐいすの鳴くところ
不覚にも美女と呼ばれし亀鳴きぬ
亡き父と鳰の浮巣を尋ねたり
人在ればすこうし寒し蜆汁
埼玉にあたま直しに秋の風
夏暁我を亡ぼす夢に覚む
夏空が秋空となる刻に音
寒桜片目で此の世に親しみぬ
岸であることに疲れて彼岸過ぎ
心ゆくまで老柳と空の話
愁いつつ春の地球のなか覗く
手拭を噛めどあやめの濃く咲きぬ
振り返るたび増えており曼珠沙華
日の盛り足が歩いて行くどこへ
春や奥座敷につがいの鶴を飼い
昼顔と母を忘れていたりけり
時雨ふと紺屋の紺を濡らし去る
晩年の思い始めは蠅叩
晩春の饅頭がふとはにかめる
月の川帯は氷りて長持に
月光に身をまかせつつ舟の出る
椿の夜あたまが邪魔でならぬかな
極楽に行ったことなど合歓の花
死者が出て川の匂いの冷索麺
水の色は水色だから秋明菊
汝思うゆえに我ありホトトギス
満月や地下千丈の瀧の音
牡丹の一部始終を見てあくび
犬という命と並び日向ぼこ
白桃の紅らむ頃を夜汽車かな
白雲や家の柱をのぼる虫
百年後目覚めて石や寒茜
真珠ほど悩む七月真乙女は
知らぬ子につきまとわるる夕桜
空の箱たたむと見ゆる冬の橋
空蟬の砕き難さを昼の寺院
縁の下しずかに茂る鉈に鎌
老松や雲やふたりの男の香
肉体やとりとめもなく青葉して
花茨此の世は遠きランプかな
花野中ついに我が家が見つからぬ
草拔くにキュウと鳴かれてしまいけり
菊花展見てきて紐をもてあそぶ
薄氷やふたりで遠くゆくあそび
薔薇の闇われを殺しに我が来る
 

鳴戸奈菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 06:35 UTC 版)

鳴戸 奈菜(なると なな、1943年(昭和18年) - )は、俳人英米文学者。本名・神谷くに子。朝鮮京城府(現ソウル特別市)に生まれる。父鳴戸四風、祖父鳴戸馨舟も俳句を詠んだ。1976年、「琴座」(りらざ)に入会し永田耕衣に師事。1978年同誌同人(1997年に廃刊)。1979年清水径子、中尾寿美子、江川一枝らと「らんの会」結成。1992年「豈」同人(2003年「豈の会」退会)。1997年第49回現代俳句協会賞受賞。1998年「らん」創刊、発行人。




「鳴戸奈菜」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳴戸奈菜」の関連用語

鳴戸奈菜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳴戸奈菜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳴戸奈菜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS