通うとは?

かよ・う〔かよふ〕【通う】

[動ワ五(ハ四)]

一定の区間定期的に何度も行き来する。「自転車学校に—・う」「病院に—・う」

ある場所を自由に行き来する。「も—・わぬ南海孤島

ある場所を通って流れる。また、止まらないで流れる。「電流が—・う」「血が—・う」「息が—・う」

気持ちなどが相手に伝わる。「心の—・う贈り物

道筋通じる。また、通じている。「夏の間だけバスが—・う」「江戸へ—・う街道

似る。共通する。似かよう。「目鼻だちに—・うところがある」

精通する。通暁する。

「仏の道にさへ—・ひ給ひける御心のほど」〈源・御法

交差する入り交じる

「春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は—・ひ」〈徒然・一五五

[可能] かよえる


かよ・う かよふ 【通】

〔自ワ五(ハ四)〕

二つの場所や物事の間を何回行き来する

(イ) 何らかのつながりができて、ある目的特定の所に、いつも行き来する。男が妻や愛人のもとへ行く、通勤通院通学するなど種々の場合がある。

古事記(712)上・歌謡「さよばひに あり立たし よばひに あり加用婆(カヨハ)せ」

伊勢物語(10C前)一五「なでふことなき人の妻(め)にかよひけるに」

(ロ) 鳥獣、風、などが、ある所を自由に行き来する

万葉(8C後)八・一五二一「風雲二つの岸に可欲倍(カヨヘ)ども吾が遠嬬(とほづま)の言そ通はぬ」

平家13C前)九「さ様の所は鹿はかよふか」

物事一方から他方へとどく。ことばや手紙気持などが先方通じる。また、ある場所へ道が通じている。

万葉(8C後)一七・三九六九「玉桙の 道の遠けば 間使(まづかひ)も やるよしも無み 思ほしき 言(こと)も可欲波(カヨハ)ず」

大鏡(12C前)三「御心はかよはせ給ける御けしきなれど」

③ ある個所から出入りする。また、血液空気などがとまらないで流れ通る。バスなどの交通機関定期的に行き来する

伊勢物語(10C前)五「築地(ついひぢ)のくづれよりかよひけり」

高野平家13C前)九「わづかにかよひつる息もはや絶えはてぬ」

或る「小倉日記」伝(1952)〈松本清張〉六「二里のところまではバスが通うが、それから奥は山道徒歩である」

物事くわしく知りさとる。物事通じる。

霊異記810‐824)上「閉居して経を誦し、心廓(ほがらか)に融(カヨヒ)達(いた)る〈興福寺訓釈 融 加与比〉」

(5) 互いに似る。似かよう。共通する。

書紀720景行四年二月北野本訓)「夫婦(みとのまくはひ)の道は、古も今も達(カヨエル)則(のり)なり」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)象潟「俤、松嶋にかよひて、又異なり

(6) 通じて用いる。

(イ) 多くのものに通用する。

源氏100114頃)若菜下春秋よろづのものにかよへる調べにて、かよはしわたしつつひき給ふ

(ロ) 語の音と音とが入れ替わって通用する。五十音図中の同行、または同段で音が転換して同意の語として通用する。「恋ひし」と「恋ほし」、「さびしい」と「さみしい」の類。

袖中抄(1185‐87頃)二「あもとは阿母と書き、阿毛とも書けり。母歟若はいもをあもとよめる歟。五音かよふ故也」

(ハ) 漢字同音であることによって互いに通用する。

徒然草1331頃)二一四「想夫恋といふ楽は、女、男を恋ふる故の名にはあらず。本は相府蓮文字のかよへるなり」

(7) 交差するまた、入りまじる。

土左(935頃)承平五年一月九日「えだごとにつるぞ飛びかよふ」


かゆ・う かゆふ 【通】

〔自ハ四〕 動詞「かよう(通)」の上東国方言

万葉(8C後)二〇・四三二四「遠江(とへたほみ)白羽(しるは)の磯と贄(にへ)の浦とあひてしあらば言も加由波(カユハ)む」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通う」の関連用語

通うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS