自主廃業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 御事 > 自主廃業の意味・解説 

自主廃業

経営先行き不透明感などを理由に、自主的経営存続中断すること。
倒産経営破綻といった場合は、業績の急速な悪化資金調達難などによって経営存続難しくなり、最終的には債務超過というかたちで企業歴史に幕下ろす、というケース一般的です。しかし自主廃業の場合は、企業取り巻く経営環境悪化などから、仮に経営存続させれば、いずれ債務超過陥る恐れがあるという経営判断基づいて、たとえ債務超過に陥っていなくとも、経営存続中断させるというパターンです。企業存続幕を下ろすという意味では両者とも同じですが、前者第三者から強制的経営存続の道を断たれるのに対して後者あくまでもその企業自主的判断によって、経営存続の道を断つという点で違いあります1999年以降証券会社なかには自主廃業を申請するところ急増しました。

自主廃業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 10:09 UTC 版)

自主廃業(じしゅはいぎょう)とは、法人や個人事業主が自主的に事業を廃すること。事業の財務状況、役員の事情、事業の将来性などを考慮し、自主的に廃業する場合を言う。




「自主廃業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自主廃業」の関連用語

自主廃業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自主廃業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自主廃業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS