絢爛華とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 絢爛華の意味・解説 

絢爛華【ケンランカ】(草花類)

登録番号 第12717号
登録年月日 2005年 2月 7日
農林水産植物の種類 はす
登録品種の名称及びその読み 絢爛華
 よみ:ケンランカ
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 榎本輝彦
品種登録者の住所 茨城県土浦市手野町2994番地の3
登録品種の育成をした者の氏名 榎本輝彦
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「王子」の自然交雑種子から選抜し育成されたものであり、花はやや大型花弁白の地色アントシアニン先端中程度分布する観賞用のはすである。大きさ5069葉柄長は5099、とげは少である。花頭数は1、花の大きさはやや大、花弁地色は白、アントシアニン有無は有、濃淡は中、分布はつま紅、花弁の形は狭、先端の形は尖、ねじれは有、完全花弁数は15~24不完全花弁数は無、雄ずいの数は200399雌ずいの形は正常、花たく上面の形は円、開花早晩中である。「舞妃」及び「酔妃」と比較して花弁の形が狭であること等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成10年育成者ほ場茨城県土浦市)において、「王子」の自然交雑種子をは種し、その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し14年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。なお、出願時の名称は「一心であった





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

絢爛華のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絢爛華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2022 GRAS Group, Inc.RSS