湯河原沸石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 湯河原沸石の意味・解説 

湯河原沸石(Yugawaralite)

湯河原沸石 湯河原沸石
静岡県田方郡土肥町大洞林道
CaAl2Si6O16.4H2O 画像の幅約1cm

小さな結晶ですが、私が採集した愛着ある標本です。

湯河原沸石(Yugawaralite)

湯河原沸石
神奈川県足柄下郡湯河原町湯河原
Ca(Al2Si6O16).4H2O 画像の幅約1.6cm

右下と上に写っている細長い台形をした透明板状鉱物が湯河原沸石です。
神奈川県湯河原温泉露出する安山岩から発見された鉱物で、発見地から湯河原沸石と名付けられたました。

湯河原沸石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 05:37 UTC 版)

湯河原沸石(ゆがわらふっせき、 Yugawaralite)は、1952年に発表された新鉱物で、アマチュア鉱物学者櫻井欽一などにより神奈川県湯河原温泉の不動滝から発見された[1]化学組成はCaAl2Si6O16・4H2Oで、単斜晶系。発見地の地名から命名された。


  1. ^ Sakurai, K. and Hayashi, A. (1952): “Yugawaralite”, a new zeolite. Sci. Rept. Yokohama Nat. Univ., Sec. II, No. 1, 69-77.


「湯河原沸石」の続きの解説一覧



湯河原沸石と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「湯河原沸石」の関連用語

湯河原沸石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



湯河原沸石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2021 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湯河原沸石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS