本四連系線とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 本四連系線の意味・解説 

本四連系線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 03:58 UTC 版)

本四連系線(ほんしれんけいせん)は、岡山県中国電力ネットワーク東岡山変電所と香川県四国電力送配電讃岐変電所とを結ぶ、電源開発送変電ネットワーク所有の連系送電線である。


  1. ^ a b c 世界初の500kV OFケーブル長距離橋梁添架技術の実用化”. 発明と発見のデジタル博物館. 2013年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c “本四連系線増架工事の終了及び運転開始について” (プレスリリース), 電源開発, (2000年1月28日), http://www.jpower.co.jp/news_release/news115.html 2013年4月5日閲覧。 
  3. ^ a b 『身近な電線のはなし』p135-136
  4. ^ 戒能一成 (2005年11月). “日本の地域間連系送電網の経済性分析 (PDF)”. 2013年4月5日閲覧。


「本四連系線」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本四連系線」の関連用語

本四連系線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本四連系線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本四連系線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS