斜線制限とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 斜線制限の意味・解説 

しゃせん‐せいげん【斜線制限】

都市計画区域内で、建物の高さを制限する規定の一。建物凸部と、前面道路反対側の境界線とを斜めに結ぶ線が、一定の勾配(こうばい)以下であることを規定する。勾配通例1.5。


斜線制限

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 01:55 UTC 版)

斜線制限(しゃせんせいげん)は、建築物の各部分の高さに関する制限のひとつである。建築物を真横から見たとき、空間を斜線で切り取ったような形態に制限することから、斜線制限と呼ばれる。通風、採光等を確保し、良好な環境を保つことが目的である。




「斜線制限」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「斜線制限」の関連用語

斜線制限のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



斜線制限のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斜線制限 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS