摘草とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 摘草の意味・解説 

つみ‐くさ【摘(み)草】

[名](スル)春、野原若菜草花を摘むこと。草摘み。「土手で摘み草する」《 春》


つみ‐くさ【摘草】

〔名〕 春の野食用野草草花をつむこと。《季・春

俳諧鳥山彦(1736)「寺嶋堤の芝生つみ草時をうつす


摘草(つみくさ)

読み方:つみくさつみぐさ

  1. 遊女負傷予防又は芟理のために春草を摘去すことなり狂句に「売り物をむしつて洗ふ鉢)」とあるは此事を云ふならん。
  2. 摘草。陰毛除去すること。遊女の語。負傷予防の陰毛を剪去又は抜き去ること。「売り物をむしつて洗水鉢」。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

摘草

読み方:ツミクサ(tsumikusa)

春の行楽一つ

季節

分類 人事


摘草

読み方:ツミクサ(tsumikusa)

作者 松尾いはほ、松尾静子

初出 昭和12年

ジャンル 句集




摘草と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「摘草」の関連用語

摘草のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



摘草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS