打壊しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 打壊しの意味・解説 

うち こわし -こはし [0] 【打(ち)壊し・打ち毀し】



打ちこわし

(打壊し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 00:21 UTC 版)

打ちこわし(うちこわし)とは、江戸時代の民衆運動の形態のうち、不正を働いたとみなされた者の家屋などを破壊する行為のこと。「打壊」、「打ち壊し」、「打毀」、「打ち毀し」などと表記されることもある[1]


  1. ^ 久松潜一 監修。山田俊雄・築島裕小林芳規編修『改訂 新潮国語辞典 ー現代語・古語ー』(昭和53年10月30日 改訂第6刷発行。 新潮社 ) p 173に「うちこわし【打(ち)壊(し)・打(ち)毀(し)】」と記載されている。
  2. ^ a b c 富江直子 駒村康平(編)「貧困と生存権」『貧困』 ミネルヴァ書房 <福祉+α> 2018年、ISBN 978-4-623-08159-2 pp.13-16.


「打ちこわし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打壊し」の関連用語

打壊しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



打壊しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの打ちこわし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS