忌宮神社境内絵図とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 忌宮神社境内絵図の意味・解説 

忌宮神社境内絵図(著色)

主名称: 忌宮神社境内絵図(著色)
指定番号 42
枝番 02
指定年月日 1978.06.15(昭和53.06.15)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 古文書
ト書
員数 1幅
時代区分 鎌倉江戸
年代
検索年代
解説文:  延喜式内社であり、長門国二宮として著名な忌宮神社文書で、同社修造縁起神事、あるいは神官補任所役社領に関するものを含み神功皇后宮とも称された同社中世における規模伝えている。忌宮神社境内絵図は鎌倉時代後期の作になるもので、大和絵画法示し、おそらく嘉暦再興後の姿を伝えたものと思われる。図中には長門国国府周辺状況併せ記して注目される。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忌宮神社境内絵図」の関連用語

忌宮神社境内絵図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



忌宮神社境内絵図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS