小米瓢箪木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 小米瓢箪木の意味・解説 

こごめひょうたんぼく (小米瓢箪木)

Lonicera linderifolia var. konoi

Lonicera linderifolia var. konoi

Lonicera linderifolia var. konoi

わが国固有種で、本州八ヶ岳南アルプス分布しています。山地生え、高さは1メートルほどになります。よく分枝して、若いは紫褐色を帯びます。は広楕円形対生し、全縁です。5月から6月ごろ、先の葉腋小さな紅紫色の花を2個づつ咲かせます。果実液果8月に赤く熟します。合着はしません。名前は小さいことから。
スイカズラ科スイカズラ属落葉低木で、学名Lonicera linderifoliavar. konoi。英名はありません。
スイカズラのほかの用語一覧
スイカズラ:  金銀木  山鶯神楽  四季咲き  小米瓢箪木  小鶯神楽  深山鶯神楽  水蝋瓢箪木



小米瓢箪木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小米瓢箪木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小米瓢箪木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS