人工知能 人類最悪にして最後の発明とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人工知能 人類最悪にして最後の発明の意味・解説 

人工知能 人類最悪にして最後の発明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 06:37 UTC 版)

人工知能 人類最悪にして最後の発明』(英語: Our Final Invention: Artifical Intelligence and the End of the Human Era[1]はアメリカ人の著者ジェームズ・バラッド(英語: James Barratによるノンフィクションの2013年の本である。その本は人間並みかその水準を超えた水準人工知能の潜在的恩恵と有り得る危険を論じる。[2]人類の根絶を、これらの立証された危険は含む。[3]




「人工知能 人類最悪にして最後の発明」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工知能 人類最悪にして最後の発明」の関連用語

人工知能 人類最悪にして最後の発明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人工知能 人類最悪にして最後の発明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工知能 人類最悪にして最後の発明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS