ママさんダンプとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > ママさんダンプの意味・解説 

ママさんダンプ

マさんダンプ [(ママサンダンプ)](mamma+さん+dump)〔カネタ馬場長・小高屋・ニラサワ製販の登録商標[名] 《商》 除雪用具一種押し一種載せる部分プラスチック製で軽量化されている。〈全〉

スノーダンプ

(ママさんダンプ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/12 01:18 UTC 版)

スノーダンプは、大型の角型シャベルにパイプの持ち手が付いたような形状で、ソリのように雪を押して運ぶことが出来る除雪用具。日本では除雪によく用いられる器具であるが、カナダなどでは道路沿いに側溝が設置されていないこともありスノーダンプは一般的な用具ではない[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 三条市発情報発信コラム 三条市、2017年1月12日閲覧
  2. ^ a b c d ママさんダンプのルーツは石川県? テレビ金沢、2017年1月12日閲覧


「スノーダンプ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ママさんダンプ」の関連用語

ママさんダンプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ママさんダンプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2019 by akaringo. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスノーダンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS