マイクロ石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > マイクロ石の意味・解説 

マイクロ石(Microlite)

マイクロ石
Ipe mine,Gov. Valadares,Minas Gerais,Brazil
(Ca,Na)2Ta2O6(O,OH,F) 画像の幅約8mm

白い曹長石上に付いている小さな褐色結晶がマイクロ石です。

マイクロ石(Microlite)

マイクロ石 マイクロ石
Ipe Mine,Governador Valadares,Rio Doce,Minas Gerais,Brazil
NaCaTa2O6(OH) 画像の幅約4.1mm、1.7cm

褐色透明な結晶がマイクロ石です。
この産地では雲母などと共に美し小さな結晶多産します。

マイクロ石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/11 07:18 UTC 版)

マイクロ石Microlite) はナトリウムカルシウムタンタルの複酸化物と少量のフッ素からなる鉱物で、組成式は (Na,Ca)2Ta2O6(O,OH,F) である。色は淡黄色、赤褐色または黒で、等軸晶系に属する。マイクロ石はパイロクロア群の鉱物でペグマタイト鉱床に産し、タンタル鉱石として重要である。モース硬度は 5.5 で比重は 4.2 - 6.4 の範囲である。結晶は微細なものが母岩に散りばめられていることが多く、不透明または半透明の八面体形で屈折率は2.0-2.2である。ジャルマイト(Djalmaite)と呼ばれることもある。




「マイクロ石」の続きの解説一覧



マイクロ石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロ石」の関連用語

マイクロ石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイクロ石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2020 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイクロ石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS