プンチャック・ジャヤとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 地形・地勢 > 山岳 > オセアニアの山 > プンチャック・ジャヤの意味・解説 

プンチャック・ジャヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 14:34 UTC 版)

プンチャック・ジャヤインドネシア語: Puncak Jaya)はニューギニア島最高峰であり、オーストラリア・ニューギニア大陸およびオセアニアの最高峰でもある。ジャヤ峰カルステンツ山Mount Carstensz)、カルステンツ・ピラミッドCarstensz Pyramid)と呼ばれることもある。ヒマラヤアンデスの間にある最高地点であり、島における世界最高峰である。ニューギニア島の西半分を占めるインドネシアパプア州スディルマン山脈に位置し、同国の最高峰である。




  1. ^ 標高は5,030mと書かれることもあるが、現在の高解像度レーダーのデータはSeven Summitsの著者による4,884mがより正確であることを示している。
  2. ^ What It Costs To Climb The Carstensz Pyramid、2011年6月20日閲覧。
  3. ^ Seven Summits Page”. 2007年4月15日閲覧。
  4. ^ What It Costs To Climb The Carstensz Pyramid、2011年6月20日閲覧。
  5. ^ Ian Allison and James A. Peterson (2000年4月28日). “Glaciers of Irian Jaya, Indonesia and New Zealand”. U.S. Geological Survey, U.S.Department of the Interior. 2007年1月3日閲覧。
  6. ^ Joni L. Kincaid and Andrew G. Klein (2004年). “Retreat of the Irian Jaya Glaciers from 2000 to 2002 as Measured from IKONOS Satellite Images (pdf)”. 61st Eastern Snow Conference Portland, Maine, USA 2004. 2007年1月3日閲覧。
  7. ^ Permana, Donaldi S.; Thompson, Lonnie G.; Mosley-Thompson, Ellen; Davis, Mary E.; Lin, Ping-Nan; Nicolas, Julien P.; Bolzan, John F.; Bird, Broxton W. et al. (2019-12-04). “Disappearance of the last tropical glaciers in the Western Pacific Warm Pool (Papua, Indonesia) appears imminent” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences. doi:10.1073/pnas.1822037116. ISSN 0027-8424. PMID 31818944. https://www.pnas.org/content/early/2019/12/03/1822037116. 
  8. ^ 熱帯の国インドネシアに存在する氷河、10年後には消失の可能性 研究” (日本語). www.afpbb.com. 2019年12月18日閲覧。


「プンチャック・ジャヤ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プンチャック・ジャヤ」の関連用語

プンチャック・ジャヤのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プンチャック・ジャヤのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプンチャック・ジャヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS