バーンプルーフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プルーフ > バーンプルーフの意味・解説 

バーンプルーフ

【英】BURN-Proof

バーンプルーフとは、CD-RCD-RWなどのメディアデータ書き込む際に発生するバッファアンダーラン呼ばれるエラーを防ぐ技術のことである。1999年三洋電機によって開発された。

バッファアンダーランは、CD-RCD-RWデータ書き込む際にバッファデータ転送途切れてしまうことによって、書き込むデータがない状態で書き込み続けられようとし、エラーとなる現象である。これによって書き込み失敗したCD-RCD-RWは、メディアデータ構造破壊され、二度と使用できなくなる。

バーンプルーフでは、バッファ蓄えられた転送データ少なくなった段階で、書き込み作業一時停止できるようになっている。このとき停止位置記憶しておくことで、停止位置から書き込み再開し、途切れのない書き込みができるようになっている

バーンプルーフと同様の技術としては、リコー開発したJustLinkや、ヤマハ開発したSafeBurnなどがある。

ハードウェアのほかの用語一覧
外部記憶装置:  ディスクストレージ  WORMメディア  Wi-Fiポータブルストレージ
光ディスク:  バーンプルーフ  ファイナライズ  仮想ディスクドライブ  ライトワンス



バーンプルーフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バーンプルーフ」の関連用語

バーンプルーフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バーンプルーフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバーンプルーフの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS