シモングモとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 害虫の種類 > シモングモの意味・解説 

シモングモ

イエユウレイグモ Pholcus phalangioides (Füesslin)
シモングモ Spermophora senoculata (Dugés)

シモングモ

この害虫属する群
形態
 イエユウレイグモは体長7~10mm、薄い灰白色または灰褐色
 シモングモは体長2~3mmで、乳白色いずれも体のわりに脚が非常に長い
分布
 イエユウレイグモは世界温帯地方広く分布し、日本では本州以南分布する。
 シモングモは全世界分布し、日本でも全国分布する。
被害
 屋内生息し、不規則な網(クモの巣)を張るため不快がられるコバエチャタテムシダニなど微小天敵であるが、スス払い対象にもなる。
生態
 イエユウレイグモは一年中見られ天井や壁の隅などに網を張ってコバエなどを捕食する。6~8月産卵し、雄成体3040個の卵を糸でくるんだ卵のうを口に加えて保護する習性がある。
 シモングモは一年中いろいろな発育段階のものが見られの下、押入れの中などに網を張りコナダニチャタテムシなどの微小捕食する。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シモングモ」の関連用語

シモングモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シモングモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2020 IKARI CORPORATION All rights reserved.

©2020 Weblio RSS