ガヤ芸人とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガヤ芸人の意味・解説 

雛壇芸人

(ガヤ芸人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 23:41 UTC 版)

雛壇芸人ひな壇芸人(ひなだんげいにん)とは、数名以上のゲストが集まるテレビトーク番組バラエティ番組において、準レギュラーあるいはそれに類する頻度で出演するお笑い芸人のことを指す。複数段になっている雛壇の後方に座る事が多いため、この名称がつけられた。「にぎやかし」とも言われ、同義語に「がや(芸人)[1]


  1. ^ 2010年2月から柴田が芸能活動を休止し、後に復帰してからも、単独での出演のみで、コンビでの出演がなくなっている。
  1. ^ 「アメリカザリガニのお笑い用語講座 連載第五回な行」、『お笑いタイフーンJAPAN』第11号、エンターブレイン2005年、 pp.104。
  2. ^ “ノミネート60語発表!流行語大賞候補に「1000円高速」「トゥース」”. オリコン. (2009年11月13日). http://life.oricon.co.jp/70639/full/ 
  3. ^ a b “工夫のない「ひな壇番組」が増えてきた理由とは”. ガジェット通信. (2013年3月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/7531304/ 
  4. ^ a b c d e 「エンタ業界の大疑問100 “テレビ編”」、『日経エンタテインメント!』第10巻第15号、日経BP社、2006年10月、 pp.28。
  5. ^ a b c “ひな壇芸人のギャラ「高くても50万円程度」と元テレビ局P”. NEWSポストセブン. (2013年3月23日). http://www.news-postseven.com/archives/20130323_178145.html 
  6. ^ “「一発芸人」におくる傾向と対策”. All About. (2007年9月4日). http://allabout.co.jp/entertainment/varietyshow/closeup/CU20070904A/index2.htm 
  7. ^ 「人気者の賞味期限」、『日経エンタテインメント!』第11巻第17号、日経BP社、2008年4月、 pp.44。
  8. ^ “「ワイプ芸人」で生き残りをかける矢口真里”. 日刊ゲンダイ. (2011年12月15日). http://gendai.net/articles/view/geino/134183 2011年12月16日閲覧。 
  9. ^ 「司会もゲストも観てるだけ......」ロケ番組のスタジオパートって本当に必要なの?”. 日刊サイゾー (2010年4月12日). 2011年12月16日閲覧。
  10. ^ “フットボールアワー後藤輝基が、再注目された理由”. All About. (2011年8月22日). http://allabout.co.jp/gm/gc/384195/ 
  11. ^ a b “エンタがビタミン♪】『ひな壇芸人』にたけしが警告。「タモリ、紳助を引っ張り降ろせ」とも。”. TechinsightJapan. (2010年6月17日). http://japan.techinsight.jp/2010/06/takeshi-wakateni-katu.html 
  12. ^ a b 「注目のお笑い、今年はどうなる?③「爆笑問題 ここにきて縮めてきた映画界との距離、その真意とは?」」、『日経エンタテインメント!』第14巻第5号、日経BP社、2010年3月、 pp.98。


「雛壇芸人」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガヤ芸人」の関連用語

ガヤ芸人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガヤ芸人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雛壇芸人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS