オートドアゼロとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > オートドアゼロの意味・解説 

オートドアゼロ

別名:AutoDoorZero

電気エネルギー消費することなく自動開閉実現するエコ自動ドア会津若松市企業開発した。

オートドアゼロの床部分には踏み板設置されており、それを踏見込むと、吊り下げ式の扉がてこの原理によって滑らかにスライドする仕組みとなっている。片引き30kgの扉であれば20kgの重量踏み板に乗れば動作するという。体重の軽い子供は、手で引いて開閉することができる。

オートドアゼロは、電気使用しないため、電気工事費やランニングコスト電気代)が不要で、漏電懸念がない。踏み台から離れるまでは閉まらないので、立ち止まっても挟まれる心配がない。

電気がかからず省エネであり、温暖化原因とされる二酸化炭素排出にも繋がらない(環境にやさしい)ことから、注目されている東名高速道路浜名湖サービスエリアなどに導入実績がある他、「餃子の王将」などでも導入が進められている。

関連サイト
オートドア - 株式会社有紀


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オートドアゼロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オートドアゼロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS