オンライン海賊行為阻止法案とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > オンライン海賊行為阻止法案の意味・解説 

オンライン海賊行為阻止法案

読み方:オンラインかいぞくこういそしほうあん
別名:ネット規制法案SOPA法案ストップ・オンライン・パイラシー・アクト
英語:Stop Online Piracy ActSOPA

米国議会2012年1月現在、審議を行っている法案インターネット上で著作権侵害するコンテンツがあった場合に、海外違反に対して米国法に基づき取締りや削除命令を下せるようにするもの。「SOPA」の略称で呼ばれることが多い。

オンライン海賊行為阻止法案が可決すると、文章音楽映像などのコンテンツ著作権者が、米国司法当局申し立てることによって、著作権侵害しているコンテンツを含む問題サイトを、直接的制限できるようになるといわれている。

具体的には、インターネットサービスプロバイダISPに対して問題サイトへのアクセス遮断するよう命じたり、検索エンジン提供するサービスに対して問題サイトコンテンツ対するリンクを削除するよう命じたり、広告配信サービス決済サービスなどに対して問題サイト収益化仕組み提供するのを停止するよう命じたり、といった命令が行使可能になるとされる

ホワイトハウス2012年1月14日付け公式ブログ上でSOPA支持しない立場表明している。

関連サイト
Obama Administration Responds to We the People Petitions on SOPA and Online Piracy ホワイトハウスブログ(英語)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オンライン海賊行為阻止法案」の関連用語

オンライン海賊行為阻止法案のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オンライン海賊行為阻止法案のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS