イタいとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > イタいの意味・解説 

イタい

別表記:イタイ

傍から見ている者が気まずい気分襲われるような状況形容する俗な言い方空気読めない見当外れ言動をする、見ていて恥ずかしい、といった様子を指すことが多い。古語表現傍ら痛しに通じるところのある表現といえる

いた・い【痛い/甚い】

読み方:いたい

[形][文]いた・し[ク]

肉体痛み苦しみ感じるさま。「歯が―・い」「つねられて―・い」

心に苦痛を感じるさま。精神的につらい。「欠損続き頭が―・い」

弱点攻撃されたり打撃損害をこうむったりして、閉口するさま。「―・いところに触れられる」「―・い目にあう」「この時期に出費は―・い」

俗に、さも得意そうな言動がひどく場違いで見るに堪えないさま。また、状況立場年齢ふさわしくない言動周囲あきれさせるさま。

甚い程度はなはだしいさま。多く連用形用いる。→甚(いた)く

甚いはなはだしくりっぱなさま。すばらしい。

新発意(しぼち)の娘かしづきたる家いと―・しかし」〈源・若紫

動詞連用形に付いて、その動詞の表す状態がはなはだしい意味を示す形容詞をつくる。「あまえいたし」「うもれいたし」など。

[派生] いたがる[動ラ五]いたげ形動いたさ[名]



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イタい」の関連用語

イタいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イタいのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS