てれるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > てれるの意味・解説 

て・れる【照れる】

読み方:てれる

[動ラ下一気恥ずかしく感じる。また、恥ずかしそうな態度表情をする。「あまりほめられると—・れる」「冷やかされて—・れる」


てれる〔俗〕

  1. 興のさめることで、衆人前にいささか面目を失ひたるさまをいふ。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

てれる

出典:『Wiktionary』 (2021/09/22 15:09 UTC 版)

動詞

てれるれる】

  1. 他人に褒められたり、改まった場面になって恥ずかしくて顔が紅潮したり、落ち着かなくなったりする。

活用

関連語

連語

動詞てる+助動詞りの連体形
  1. 日が照る。照る状態にある。
  2. 日に照らされ明るく鮮やかに見える。照り映える


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「てれる」の関連用語

てれるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



てれるのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのてれる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS