ちろりとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(動作) > ちろりの意味・解説 

ちろり

[副]動きがわずかであるさま。また、瞬間的であるさま。ちらり。

小野田薄目をあいて、—と彼女の顔見たとき」〈秋声あらくれ


ちろり【銚釐】

または真鍮(しんちゅう)製の、酒を温めるのに用い容器筒形で下の方がやや細くつぎ口取っ手とがついている


ちろり

〔副〕 (「と」を伴って用いることもある) 動きがわずかであるさま、瞬間的であるさまなどを表わす語。ちらと。ちらり。ちろりっ。

俳諧・野集(1650)六「ちろりと蛍窓に飛暮 人玉のでたるをなににたとへまし」


ちろり【銚釐】

〔名〕 酒をあたためるのに用い金属製の容器円筒形で、つぎ口把手(とって)がついたもの。たんぽ。

銚釐〈一盃綺言〉の画像

狂歌後撰夷曲集(1672)八「淋しさに友松虫のねさけこそちんちろりにてかんをするなれ」

[補注]多く京都での称であったらしいが、安永(一七七二‐八一)頃には江戸でもいわれるようになった


銚釐(ちろり)

酒を暖めるのに用い金属性の器。『和訓栞わくんのしおり)』によれば「三餘贅筆に急須見えたり演義文に地炉裏(ちろり)の文字あり」とあり、酒を地炉すなわちいろりで暖めるためのものである。『守貞漫稿』に、「ちろり銅製京坂にてたんぽとも云う近世ちろりにて湯燗せし也」とある。注ぎ口把手(とって)のある急須様の形であったが、だんだん筒形となった。底のとがった形が多くいろりの熱灰中に突き立て燗(かん)をする。これならば談笑の間も酒の冷えことはなかったであろう。後に金属にかわり、焼物などが用いられるようになり、(はと)徳利などが生まれた。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ちろり」の関連用語

ちろりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ちろりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2022.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS