ちろりとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(動作) > ちろりの意味・解説 

ちろり [1] 【〈銚釐〉】

〔「ちろり」と短時間暖まるところからという〕
酒の燗(かん)をする道具スズまたは真鍮しんちゆう)製で下の方がややすぼんだ筒形をしており、取っ手注ぎ口ついている湯婆たんぽ)。

ちろり [2][3]

( 副 )
多く「と」を伴って
一瞬見るさま。ちらり。 「 -と見る」
動きごくわずかなさま。ちらと。 「暁の明星西へ-東へ-、-、-とする時は/松の葉

銚釐(ちろり)

酒を暖めるのに用いる金属性の器。『和訓栞わくんのしおり)』によれば三餘贅筆に急須見えたり演義文に地炉裏(ちろり)の文字あり」とあり、酒を地炉すなわちいろりで暖めるためのものである。『守貞漫稿』に、「ちろり銅製京坂にてたんぽとも云う近世ちろりにて湯燗せし也」とある。注ぎ口把手(とって)のある急須様の形であったが、だんだん筒形となった。底のとがった形が多くいろりの熱灰の中に突き立て燗(かん)をする。これならば談笑の間も酒の冷えることはなかったであろう。後に金属にかわり、焼物などが用いられるようになり、(はと)徳利などが生まれた。

徳利

(ちろり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 03:44 UTC 版)

徳利(とっくり、とくり)とは、首が細く下部が膨らんだ容器の一種。現在では主に日本酒を注ぐために使われる。


  1. ^ 通い徳利 関ケ原町歴史民俗資料館
  2. ^ 銚釐


「徳利」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ちろり」の関連用語

ちろりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ちろりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳利 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS