Goo辞書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Goo辞書の意味・解説 

goo辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 04:17 UTC 版)

goo辞書(グーじしょ)は、NTTレゾナントが運営するポータルサイトgooにおいて提供されている辞書検索サービス。国語・類語・英和・和英をはじめとする計30辞書を検索できる。主な辞書は三省堂および小学館のものを使用している。また、英和辞書では一部単語の発音を聞くことができる[2]




  1. ^ a b プレスリリース - ポータルサイト「goo」に辞書機能、投資関連情報、 ストリーム番組情報追加、スクラップソフトダウンロード開始” (1999年8月2日). 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ a b 検索サイト「goo」の英和辞書サービスにて発音を音声ファイルで提供開始!” (2000年9月6日). 2016年1月18日閲覧。
  3. ^ 「goo」で英和辞書検索時のスペル入力をサポートするスペリングアシスト機能を提供開始” (2005年7月19日). 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ 「goo」の辞書検索サービス「goo辞書」に、新機能を追加” (2006年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  5. ^ 辞書検索の「goo辞書」にて四字熟語の検索サービスとあいさつ文例集を提供開始” (2000年9月4日). 2016年1月18日閲覧。
  6. ^ 「goo辞書」で「Firefox」用の機能拡張を提供開始” (2008年2月7日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ 「goo辞書」で、IT用語辞書、MBA経営用語辞書を追加” (2008年10月3日). 2016年1月18日閲覧。
  8. ^ 「goo辞書」のデータ拡充について” (2008年12月18日). 2016年1月18日閲覧。
  9. ^ 「goo辞書」の携帯電話版を提供開始” (2009年2月26日). 2016年1月18日閲覧。
  10. ^ 携帯電話向け「goo辞書」で、英単語など覚えたい単語をユーザ自身で登録できる「単語帳」機能を提供開始” (2009年8月18日). 2016年1月18日閲覧。
  11. ^ 「goo辞書」で、英単語など覚えたい単語をユーザ自身で登録できる「単語帳」機能を強化” (2009年10月1日). 2016年1月18日閲覧。
  12. ^ goo辞書「英和・和英辞書」での「英辞郎」提供終了について” (2009年10月23日). 2016年1月18日閲覧。
  13. ^ goo辞書「英和・和英辞典」の提供元変更について” (2010年3月24日). 2016年1月18日閲覧。
  14. ^ パソコン版「goo辞書」のリニューアルについて” (2010年4月8日). 2016年1月18日閲覧。
  15. ^ goo辞書「国語辞書」の提供元変更について” (2010年7月27日). 2016年1月18日閲覧。


「goo辞書」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Goo辞書」の関連用語

1
70% |||||

2
54% |||||

3
54% |||||


5
50% |||||


7
50% |||||

8
50% |||||

9
38% |||||

10
38% |||||

Goo辞書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大引き

ヨーグリート ジンジャー

R 1200 ST

シャクジョウミノウミウシ

プリーストリー

真空成形

FHTコンパクト蛍光灯

ボーイング式767-200型





Goo辞書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのgoo辞書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS