F100とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F100の意味・解説 

【F100】(えふひゃく)

P&W F-100

プラット・アンド・ホイットニー社F-15およびF-14(後にキャンセル)用に開発されたターボファンエンジン
主にF-15F-16X-47B搭載されている。

仕様緒元

全長:4.851m
直径:1.181mm
乾燥重量:1,696kg
圧縮機ファン310軸流圧縮機
バイパス比:0.36:1
タービン:2段低圧・2段高タービン
推力:79.1 kNミリタリー推力)/129.6 kNオーグメンター作動時)
総圧縮比:32:1
推力重量比:7.8:1(76.0 N/kg)

バリエーション


【F-100】(えふひゃく)

North American F-100 Super Sabre(ス-パーセイバー)

ノースアメリカン社開発された世界初実用超音速戦闘機
F-86後継として1949年から開発開始され、1953年試作機であるYF-100Aが初飛行した。
本来は制空戦闘機として開発されたが、実際に戦闘爆撃機としての運用が多かった。
ベトナム戦争では、北爆南ベトナムでの近接航空支援使用された。

機体は、機首インテイク持ち主翼後退角を持ったやや高め低翼配置となっており、水平尾翼よりも若干上の位置配置されている。
初期型では安定性に難があり、ロール中や急降下の引き起こしの際などにコントロール不能になる事故が相次いだため、垂直尾翼面積拡大および主翼延長などの改修が行われた。
固定武装としてA型では機首下面に20mm機関砲を2門装備している。

アメリカ以外では、トルコフランスデンマーク台湾輸出された。
また、本機発展型としてYF-107開発されたが試作のみで終わっている。

スペックデータ

乗員1名
全長15.2m
全高4.95m
全幅11.89m
主翼11.81m
主翼面積35.3
翼面荷重352kg/
重量
空虚/運用
9,525kg/13,085kg
最大離陸重量15,800kg
最大兵装搭載3,400kg
エンジンP&W J57-P-21/21Aターボジェット×1基
推力45kN(ドライ時)
71kN(A/B使用時)
推力重量比0.55
速度
最大/海面高度時)
マッハ1.3/マッハ1.0
実用上昇限度15,500m
海面上昇5,050m/min
航続距離970km(機内燃料のみ)
25,00km(増槽×2基、フェリー時)
固定武装ポンティアック M39 20mm機関砲×4門(弾数200発)
兵装AIM-9AAM×4
AGM-12ブルパップASM×4
通常爆弾
戦術核爆弾各種(Mk.7/Mk.28/Mk.43/Mk.57/Mk.61)
増槽など

バリエーション(カッコ内は生産・改修機数)


F100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/19 13:19 UTC 版)

F100


F-100 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 05:14 UTC 版)

(F100 から転送)

F-100 スーパーセイバー

F-100A

F-100A

F-100アメリカ合衆国ノースアメリカン社で開発された世界初の実用超音速戦闘機。愛称はスーパーセイバー(Super Sabre)。非公式には形式番号の100にちなんでハン(Hun)とも呼ばれた。

概要

アメリカ空軍1954年から1982年まで使われた世界初の実用超音速ジェット戦闘機である。愛称からもわかる通りF-86 セイバーに続く制空戦闘機として開発されたが、実際の運用面においては戦闘爆撃機としての運用が多い機体であった。

本機が100というきりのいい型番になり、続く100番台の機体も全て超音速機となった事から、形番が100番台の戦闘機はセンチュリーシリーズと呼ばれる事となった。これについては、本機にきりのいい型番を付与するために、F-98F-99ミサイルに割り当てる調整がなされたという説[要出典]もあるが、本機が初の実用超音速ジェット戦闘機となったのは偶然によるものであり(90番台の機体において、音速突破を目指して失敗したもの、音速突破はしたが実用化を断念したものがある)、信憑性には疑問[要出典]がある。

開発・機体

F-86の後継となるべき超音速戦闘機の開発は1949年2月に開始された。開発当初は主翼後退角がF-86の35度から45度に変更されることから「セイバー45」という名称だった[2]。空軍は更なる改良を求めたため、ノースアメリカン社は新設計のNA-180案を検討、これが採用され、1951年11月にアメリカ空軍とノースアメリカン社との間で試作機YF-100A・2機と量産機F-100A・203機の製造契約がむすばれた[2]。最初の試作機YF-100Aは1953年5月25日にXJ57-P-7ターボジェットエンジンを搭載して初飛行し、水平飛行で音速を突破した。同年10月29日には速度の世界記録 1,215 km/hを作った。なお、当初搭載エンジンにはJ40も候補に挙がっていたが、このエンジンは失敗作で、採用した同時代の機体は全て開発遅延ないし開発中止に追い込まれており、J57を選定したことは本機にとって幸運であった。

ただし、最初の超音速戦闘機ゆえの限界もあり、水平飛行での音速突破は機外搭載物のないクリーン状態時に限られ、わずかでも機外搭載物があると水平飛行での音速突破は不可能であった。そのためF-101など、この後登場した多くのアメリカ戦闘機は、空対空ミサイルの機内搭載方式を採用しているが、一時期の事で終わり、その後に登場する多くの戦闘機は、機外搭載物があっても音速突破が可能になった。

正面から見たF-100D

機首にインテークを持ち、やや高めの低翼配置となった主翼は水平尾翼よりも若干上の位置に配置されている。この配置により、若干遅れて開発されたF-101やF-104で問題となったピッチアップのような悪癖が無く、後年の戦闘機設計の範となった。固定武装として機首下面に20mm機関砲4門を装備。空中給油能力は当初保持していなかったが、F-100Cからは受油プローブが増設された。改良によって対地攻撃能力が強化されていき、決定版となったF-100Dはアビオニクスの更新などにより本格的な戦闘爆撃機に仕上がった。このF-100Dの改良型であるF-100Eは計画のみに終わり、最終型となったのは複座練習機型F-100Fであった。

構造材として、従来のアルミニウム合金よりも多くの面で優れているチタニウム合金を採用したのも本機の特色である。1953年〜54年にかけてのアメリカ合衆国のチタン生産量の80%が本機に使われたという。

ノースアメリカン社では発展型のF-107Aも試作されたが、こちらは採用にはいたらなかった。

各国での運用

F-100は、出現当初は初の超音速戦闘機故に、従来機に比べ高価で複雑な機体であり、さらに続く超音速戦闘機が続々と登場したため陳腐化が早く採用国は多くない。アメリカ合衆国以外ではトルコフランスデンマーク中華民国台湾)で使用されたのみだった。

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ベトナムにてロケット弾攻撃を行うF-100D
最初の量産型F-100Aは1953年後半に軍に引き渡され、1954年9月から運用を開始した。当時、MiG-19の存在を認識していなかったアメリカ合衆国では、F-100は世界で最も高性能の戦闘機であると思われていた。
F-100Dはベトナム戦争で最初は戦闘爆撃機として北爆に使用された。すぐ後にF-105が登場すると爆撃任務を譲る事となったが、F-105がMiG-17に撃墜され戦闘機失格とされる事件が起きたため、護衛戦闘機として使用された。だが結局F-100がMiG-17撃墜の成果を残せなかった(一度だけ逃げるMiG-17に機関砲射撃で致命傷を与えたことがあるが、惜しくも撃墜未確認となった)のに対し、F-105は果敢にMiG-17に挑んで撃墜記録を残した。これは、F-100が当時既に空対空戦闘の必須装備となっていた捜索レーダーを持たなかったことが大きく影響している。F-100の照準器はF-86Aにも搭載されたAPG-30であり、有視界下で目視により対象を捕捉、レーダー正面に捉えることにより機銃やロケット弾の見越し角を表示するという、完全に時代遅れのものであった。
F-4が登場するに至って北爆から外されるが、南ベトナムにおいての近接航空支援任務に回され、1971年まで使用された。ただしこの任務に用いるには適した機体とは言えず、後にA-10が開発される理由のひとつともなっている。正規編成部隊からは1972年に姿を消し、空軍州兵では1980年まで運用されていた。
なお、1956年から1968年までアメリカ空軍の曲技飛行隊サンダーバーズでも使用された(1964年に一度F-105と交代するが、同年5月に発生した事故により飛行停止となったため再び使用している)ほか、ゼロ距離発進の試験にも用いられた。
トルコの旗 トルコ
1958年から運用を開始したトルコ空軍のF-100C/D/Fは、F-4EF-104GF-102ARF-84Fなどと共にキプロス紛争に投入されて対地攻撃に大きな力を発揮しているが、1974年7月21日にはギリシャ海軍フレッチャー級駆逐艦の40mm対空砲による砲火で一度に4機が撃墜されるなど損害も小さくはなかった(この日はF-104G等他の航空機も損失を出しており、トルコにとっては厄日であった)。アメリカ空軍およびデンマーク空軍を退役した機体の譲渡を受けたため最終的な受領機数は310機にも達し、1980年代初頭まで使用されていた。
フランスの旗 フランス
フランス空軍では1958年から85機のF-100Dおよび15機のF-100Fが使用された。その多くが核攻撃任務のため西ドイツに配備されたが、フランスがNATOから脱退すると核攻撃任務を解かれ本国に引き上げられた。また、アルジェリアの国家主義運動に対する爆撃に投入されている。1978年に退役。
デンマークの旗 デンマーク
デンマーク空軍では1959年から1974年にかけてF-100D/Fが74機導入された。1982年までにサーブ 35 ドラケン(デンマーク空軍の呼称ではF-35)やF-16と交代して退役し、一部機体はトルコ空軍へ譲渡された。
中華民国の旗 中華民国
中華民国空軍では、1958年にF-100Fを1機受領したのを皮切りに、F-100A/RF-100Aが84機導入された。一部機体はF-100D相当に改修されている。中華人民共和国内への偵察行動において、人民解放軍の迎撃により失われた機体もある。

採用を検討した国

日本の旗 日本
航空自衛隊が配備していたF-86の後継となる、次期戦闘機(F-X)の候補にF-100が挙げられ、迎撃用レーダーを搭載する迎撃戦闘機型F-100Jも計画された。結局不採用となったが、政治問題(第1次FX問題)により選定作業が白紙化したため、つなぎとして一度は候補から外れたF-100を80機、ライセンス生産するという案も具体化しかけた。しかし、岸信介首相に対する説明で「戦闘爆撃機」という単語を使ったことから「日本に爆撃機は要らない!」と一喝され、沙汰止みとなった。
西ドイツの旗 西ドイツ
西ドイツ空軍でF-104導入が検討された際、エーリヒ・ハルトマンは懐疑的な見方を示し、まずF-100などでアフターバーナーなど先進技術を習得してからF-104に段階的に移行すべきだと論じたものの、政治的理由で却下された。

事故

初期型には原因不明の空中分解事故が相次ぎ、1954年10月12日にはノースアメリカン社チーフテストパイロットのジョージ・ウェルチによる急降下試験中に空中分解し墜落、ウェルチは死亡した。原因はピッチヨーの合成力が尾翼の許容範囲を超えて起こるロール・カップリング現象で、高速で急降下中に急激な引き起こしを行うと機首が右に振られ操縦不能に陥ってしまうのである。改善のためアメリカ空軍は同年11月から翌年2月まで飛行停止措置を行い、垂直尾翼面積の27%拡大や主翼の延長などの改修を行った。

しかしその後も事故は発生し続け、ベトナム戦争でも多くの機体が目標攻撃後の引き起こし時に事故で失われた。1967年10月21日にはテキサス州ローリン空軍基地でメリル・A・マックピーク大尉がサンダーバーズの一員として飛行していた際、6.5Gの引き起こし中に主翼が上に折れ曲がり、機体構造の中心部分である中央翼ボックスが破損して燃料漏れと火災を引き起こし墜落、マックピーク大尉は緊急脱出するという事故が発生した。これによりサンダーバーズ機は飛行停止となり、作戦部隊でも機動を4G以下に制限する処置が取られた。残骸を調査した結果、主降着装置の取り付け位置内側にあるボルト穴から40本ほどの疲労亀裂が発見されたため、暫定的な処置としてボルト穴に沿って細長い金属片を付加するという応急処置が行われた後、主翼ボックスを再設計し作り直すという対策が巨額を投じてアメリカ空軍の保有機全機に適用された。[3]

アメリカ空軍では、運用期間中合わせて889機のF-100が事故で失われており、324名のパイロットが死亡している。[4]

1959年6月30日には、米軍占領下にあった沖縄県でF-100Dが墜落し、小学生11名を含む17名が死亡、重軽傷者270名を出す惨事となっている(宮森小学校米軍機墜落事故)。

派生型

RF-100A
YF-100A
試作機。2機製造。エンジンはXJ57-P-7。
F-100A
初期量産型。203機製造。
RF-100A
偵察機型。A型より6機改修。
F-100B
J75エンジン搭載。F-107Aに名称変更。
F-100C
戦闘爆撃機型。主翼を強化しハードポイントや燃料タンクを増設。エンジンはJ57-P-21。476機製造。
TF-100C
複座練習機型。C型より1機改修。
F-100D
戦闘爆撃機型。主翼の改良(境界層板設置)、低高度爆撃システム(LABS)の装備など。1,274機製造。
F-100F
複座練習機型。339機製造。7機が改修を受け、ワイルド・ウィーゼル機としてSEAD任務に使用。
QF-100D/F
無人標的機型。
DF-100F
無人機管制機型。
NF-100F
試験機型。
TF-100F
1974年にアメリカ空軍からデンマークに提供された14機のF-100Fの呼称。

仕様

North American F-100 Super Sabre.svg

出典: Quest for Performance[5]

諸元

  • 乗員: 1
  • 全長: 15.2 m (50 ft)
  • 全高: 4.95 m (16 ft 2 34 in)
  • 翼幅: 11.81 m(38 ft 9 in)
  • 翼面積: 37 m2 (400 ft2
  • 空虚重量: 9,500 kg (21,000 lb)
  • 運用時重量: 13,085 kg (28,847 lb)
  • 最大離陸重量: 15,800 kg (34,832 lb)
  • 動力: P&W J57-P-21/21A アフターバーナー付ターボジェット

性能

  • 最大速度: 1,390 km/h (750 knots, 864 mph)
  • 航続距離: 3,210 km (1,733 nm, 1,995 mi)
  • 実用上昇限度: 15,000 m (50,000 ft)
  • 上昇率: 114 m/s (22,400 ft/min)
  • 翼面荷重: 352 kg/m2 (72.1 lb/ft2
  • 推力重量比: 0.55

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

登場作品

映画・テレビドラマ

007は二度死ぬ
大里化学工業の大攻勢をソ連軍の仕業と思い込んだ米軍が使用。実機が撮影に協力した数少ない例。
『ローリング・サンダー』(マーク・ベレント)
主人公バニスター少佐はF-100のパイロットである。

漫画・アニメ

エリア88』(新谷かおる
F-100がミッキー・サイモンの初期搭乗機として登場。

ゲーム

フィクショナル・トルーパーズ
メカール共和国軍のランク0として選択可能。

比較対象

  • MiG-19:世界で二番目の超音速戦闘機で、F-100とは対照的な高機動力を持った格闘戦闘機として発展したが、兵器搭載量や航続距離は小さく、F-100のような戦闘爆撃機としては向かなかった。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Knaack, Marcelle Size. Encyclopedia of US Air Force Aircraft and Missile Systems: Volume 1 Post-World War II Fighters 1945-1973. Washington, DC: Office of Air Force History, 1978. ISBN 0-912799-59-5.
  2. ^ a b ミリタリーエアクラフト 1994年1月号 「アメリカ空軍戦闘機 1945-1993」 P.90-101 デルタ出版
  3. ^ 「週刊ワールド・エアクラフト」134号 2002年 デアゴスティーニ
  4. ^ Official USAF F-100 accident rate table (PDF)
  5. ^ Loftin, LK, Jr. Quest for Performance: The Evolution of Modern Aircraft: NASA SP-468

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F100」の関連用語

F100のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スタビレーター

浜松広報館

駆逐戦車

SS-1

A-4

マスターアームスイッチ

F-86

90式戦車





F100のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF100 (改訂履歴)、F-100 (戦闘機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS