須弥山とは?

しゅみせん 【須弥山】 ◇

Sumeru の音訳漢訳妙高山妙光山〕 仏教宇宙観において,世界中央にそびえるという山。風輪水輪金輪と重なった上にあり,高さは八万由旬(ゆじゆん)(一由旬は四〇里)で,金・銀瑠璃(るり)玻璃(はり)四宝からなり頂上宮殿には帝釈天が,中腹には四天王が住む。日月はその中腹の高さを回っている。須弥山の周囲には同心円状七重の山があり,その外側東西南北に勝身・贍部(せんぶ)・牛貨(ごけ)・俱盧(くる)四州があり,さらにその外を鉄囲山(てつちせん)が囲っている。贍部州(閻浮提えんぶだいともいう)が人々の住む世界に当たるとされるスメール蘇迷盧そめいろすみせん

すみ せん 【須弥山】 ◇

しゅみせん(須弥山)

須弥山

読み方:シュミセン(shumisen)

宇宙中心にそびえたつとされる山。


しゅみさん 【須弥山】


須弥山

読み方:シュミセン(shumisen)

シュモクガイ別称


須弥山

読み方:シュミセン(shumisen)

初演 宝永3.7(大坂片岡座)


須弥山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/15 07:16 UTC 版)

須弥山(しゅみせん、旧字体:須彌山サンスクリット:Sumeru)は、古代インド世界観の中で中心にそびえる山。インド神話ではメル山メルー山スメール山ともいう。






「須弥山」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

須弥山に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「須弥山」の関連用語

須弥山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ペレメタ

フリーストール牛舎

西ノ内紙

チョコレート スプレー

823SH

はまかぜ

KTR700型

ハリヌキリブ





須弥山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの須弥山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS