増長天とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 増長天の意味・解説 

ぞうじょう てん ぞうぢやう- 【増長天】 ○

Virūdhaka四天王の一。帝釈たいしやく)天に仕え須弥山(しゆみせん)中腹にあって南方守護する神。像は赤色怒りの相を表し,矛(ほこ)などを持って甲冑(かつちゆう)をつける。

ぞう ちょうてん -ちやう- 【増長天】 ○

ぞうじょうてん(増長天)

増長天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/15 17:11 UTC 版)

増長天(ぞうじょうてん、ぞうちょうてん)、梵名ヴィルーダカ (विरूढक [viruudhaka]、毘楼勒叉、 『成長、増大した者』)は、仏教における天部神。持国天広目天多聞天と共に四天王の一尊に数えられる。三昧耶形刀剣種子はビ(vi)。






「増長天」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「増長天」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「増長天」の関連用語

増長天のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

倉安川用水

脊柱結合

テディ

上顎骨

ファラデー

ウミアイサ

マリブ ミルク

デレクター・バドック・ホワイト





増長天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの増長天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS