広目天とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 広目天の意味・解説 

こうもく てん くわうもく- [4] 【広目天】 ○

Virūpāksa〕 仏教四天王の一。西方に居て西大洲を守る。悪人を罰し,仏心を起こさせるという。武装した怒りの姿で表され,筆と巻子をもつものもある。西方天。広目天王。

広目天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/01 15:51 UTC 版)

広目天(こうもくてん)、梵名ヴィルーパークシャ (विरूपाक्ष [viruupaakSa]、毘楼博叉)は、仏教における天部神。持国天増長天多聞天と共に四天王の一尊に数えられる。ヴィルーパークシャとは本来サンスクリット語で「種々の眼をした者」あるいは「不格好な眼をした者」という意味だが、「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」さらに千里眼と拡大解釈され、広目と訳された。三昧耶形は三鈷、羂索(両端に金具を付けた捕縛縄)。種子はビ(vi)。






「広目天」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

広目天に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「広目天」の関連用語

広目天のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

貼箱

ヒラクサ

盛土部

パーム油

ヤマセミ

821SH

框

ちくさ雁皮紙





広目天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広目天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS