過労死とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 過労死の意味・解説 

か ろうし くわらう- [2] 【過労死】

業務上などの過重精神的肉体的負担原因となって急死すること。

過労死

仕事で積み重なった過労精神的ストレス原因一つとなって、疾病自殺などで死亡することを言います。過度労働課す日本企業特異現象として、外国でもkaroushiと呼ばれています。労災認定の中から生まれ言葉で、臨床医学的な用語ではありません。

過労死

・過労死とは、長時間労働休日なしの勤務等を行うことにより、労働者心身共に影響を及ぼし突然死することや重度障害を残すこと等を言う。

・過労死か否かは、厚生労働省設け認定基準に基づき各所轄の労働基準監督署判断される。脳・心臓疾患労災認定に当っては、発症1週間の期間内での業務量、業務内容中心に過重性を評価してきたが、平成13年12月からは短期間過重のみならず長時間にわたる疲労蓄積についても考慮することとなった。脳・心臓疾患労災認定基準としては、対象疾病(例):脳内出血くも膜下出血心筋梗塞狭心症等が上げられ、認定要件は、以下3つの視点から総合的判断される。

異常な出来事発症直前から前日までに異常な出来事遭遇したか)
短期間過重業務発症近接した時期過重業務に就いたか)
長期間過重業務発症前の長期間わたって疲労蓄積もたらす過重業務に就いたか)

昨今業務起因する過労死・過労自殺が相次いでいることを踏まえ厚生労働省職場におけるメンタルヘルス対策過重労働対策指針発表している。メンタルヘルス対策に関する指針では、各事業場積極的にメンタルヘルス対策を行うことを求めている。

(例)
メンタルヘルス対策積極的に推進する旨の表明
メンタルヘルス対策教育実施

過重労働対策に関する指針では、労働者健康管理係る措置を適切に行うことを求めており、平成20年4月1日からは常時50人未満の労働者使用する事業場においても、長時間にわたる時間外休日労働を行った従業員に対して面接指導実施義務付けられる等、今まで以上に適切な状況把握及び措置実施求められている。(詳細厚生労働省公開情報参照)過労死を防止するには、事業場ごとに適切な現場状況把握及び健康管理係る措置を行うことが重要となる。


過労死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 03:24 UTC 版)

過労死(かろうし、英:karōshi,overwork death)とは、長時間の残業や休みなしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血心臓麻痺などで突然死することや、過労が原因で自殺することなどである。過労・長時間労働は、うつ病燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、「過労自殺」も含む用語としてしばしば使われる。2002年には、オックスフォード英語辞典にも掲載されたが、overwork deathでも英語で通用する[1]。これは日本の人余りや物価が上がらないデフレ状況下で起きる労働環境を表すと同時に、日本以外の世界にも広がっている働きすぎに起因する健康破壊を端的に表す言葉になってきたことである。労働コストを安くして、商品やサービスの値段を下げることで安い商品を好む消費者に選ばれることがデフレ状況下の企業にとって合理的な行動になる。更にサービスは価格に込みになっているので価格が安いところでは受けられるサービスもそのレベルであることが世界では当たり前である。日本ではコストに対して「お客様は神様」的な過剰サービスと万全なサービスを追求する「一度でもひどい顧客サービスを受けたら直ちに別の会社に替える」日本の消費者側の姿勢のために日本の非製造業での労働性がG7最下位であり、万全を求められる労働者は睡眠時間を削りながら長時間働することになっている。日本ではサービス受益者側から見れば非常に安くて便利なサービスが、そこで働いている者に長時間労働を常態化させているように、過労死の原因となる長時間労働の是正には他人が自分にしてくれるサービスに適正な価格を払わなければ受けられないとの意識が求められている。日本では企業の問題だけだと考えられがちだが、サービスを受ける「お客」側による過度な基準が負担となって労働環境の悪化させているため、消費者も労働者への過度な要望をやめることが大事だと指摘されている。インフレや失業率の低下による長時間労働や待遇に見合わない給与の企業の人手不足倒産・消費者側の労働者に対する意識改革で過労死も減少するとされている[2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]




[ヘルプ]
  1. ^ overwork deathの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク
  2. ^ 森岡孝二 (2004年6月1日). “過労死・過労自殺をめぐる日米比較”. 大阪過労死問題連絡会事務局 あべの総合法律事務所. 2013年10月5日閲覧。
  3. ^  高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とは
  4. ^ 日本流「過剰サービス」は誰も幸せにしない「カネを取れないサービス」は本当に必要か
  5. ^ サービス過剰な日本人は「中国人」に学べ「お客様は神様です」意識を捨てよ
  6. ^ これって“過剰”? ニッポンのサービスが変わる - NHK クローズアップ現代+
  7. ^ 日本の過剰サービスは労働力を浪費するだけ?中国が指摘
  8. ^ 宅配便の急増 過剰サービスは見直しも
  9. ^ 過剰サービスを強要する客を撲滅、SIerは連合キャンペーンを張るべし
  10. ^ 「過剰なサービス」を求められる飲食業界、現場の従業員からは悲鳴が…
  11. ^ そりゃ過労死するわ…世界一甘やかされた客? 「やりすぎ」サービスでもまだ不満な日本人
  12. ^ 日本の過剰労働は、「お客様」の暴走が原因だ 理不尽な要求にノーといえる文化を作ろう
  13. ^ NHK「視点・論点」 [1]
  14. ^ a b c d e [2] [3]
  15. ^ 厚生労働省報道発表資料「平成21年度における脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について」(2010年6月14日)
  16. ^ 厚生労働省「産業医のための過重労働による健康障害防止マニュアル」より。
  17. ^ a b 【電通過労死事件】なぜ人は過労で死亡するのか 医師の視点 - 中山祐次郎 2016年10月16日 11時43分配信
  18. ^ 厚生労働省パンフレット「脳・心臓疾患の労災認定 -「過労死」と労災保険-」
  19. ^ 厚生労働省.脳・心臓疾患の認定基準に関する専門検討会報告書,2001.
  20. ^ 厚生労働省による平成21年度政策評価「実績評価書Ⅲ-1-1」 (PDF)”. 厚生労働省 (2011年8月). 2011年9月2日閲覧。」のp.2参照
  21. ^ 厚生労働省報道発表資料「平成21年度における脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について」(2010年6月14日)
  22. ^ 2014年6月20日中日新聞朝刊2面
  23. ^ 小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会
  24. ^ 過労死訴訟:障害考慮し労災認定 名古屋高裁が判決 毎日新聞 2010年4月17日
  25. ^ 心臓に障害の男性過労死、高裁が労災と認定 読売新聞 2010年4月16日
  26. ^ 2014年6月20日中日新聞朝刊2面
  27. ^ 名古屋地判平成19年11月30日 判例タイムズ1275号 豊田労基署長事件。
  28. ^ 研修医過労死:「時間外」不算入は違法 奈良地裁 毎日新聞 2010年8月27日
  29. ^ 執行役員は労働者、労災不認定処分を取り消し 読売新聞 2011年5月20日
  30. ^ 過労死で東急ハンズに7800万円賠償命令 神戸地裁 産経新聞 2013年3月13日
  31. ^ 過労死の企業名開示を 遺族が大阪労働局に請求 産経新聞 2009年3月5日
  32. ^ 労災企業名不開示訴訟:大阪高裁「適法」 家族の会、逆転敗訴 毎日新聞 2012年11月29日
  33. ^ 損賠訴訟:自殺原因は過労 男性の遺族、会社を提訴 毎日新聞 2010年10月2日
  34. ^ 予報士の過労自殺認め和解 ウェザーニューズが謝罪 共同通信 2010年12月14日
  35. ^ 「過労で自殺」新富町を提訴、女性職員の両親 読売新聞 2011年12月3日
  36. ^ 社員自殺、マツダに過失 地裁支部が6千万円支払い命令
  37. ^ 病院職員自殺:過労認め賠償命令 甲府地裁 毎日新聞 2012年10月3日
  38. ^ 過労死:中国人実習生遺族が提訴 損害賠償求め水戸地裁に 毎日新聞 2011年3月5日
  39. ^ 労災認定:「自殺は労災」逆転認定 居酒屋従業員、時間外月140時間--神奈川 毎日新聞 2012年2月22日
  40. ^ 突然死:両親、長時間労働放置が原因と「光通信」提訴 毎日新聞 2014年6月24日
  41. ^ 23歳過労死:自殺の男性社員を労災認定 毎日新聞 2011年11月1日
  42. ^ 過労死:理学療法士に全国初の認定 横浜西労基署 毎日新聞 2011年11月2日
  43. ^ 原発作業員の遺族、労災申請へ 収束作業中に心筋梗塞 朝日新聞 2011年7月12日
  44. ^ 原発作業員の死亡、労災と認定 事故収束作業で 朝日新聞 2012年2月24日
  45. ^ 労災認定:昨春急死の富士通課長 上司国外脱出で過重労働 毎日新聞 2012年9月22日
  46. ^ 月162時間残業で「過労自殺」 遺族、JR西を提訴 朝日新聞 2013年10月25日
  47. ^ 過労死 ファミマが認め和解 月200時間超残業 毎日新聞 2016年12月30日
  48. ^ 衝撃与えたアニメーターの自殺 産経新聞 2014年04月25日
  49. ^ “過労自殺と遺族が肥後銀を提訴 「月423時間超」”. 共同通信. (2013年6月12日). http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061201001313.html 2013年9月26日閲覧。 
  50. ^ “「損賠訴訟:「過労自殺」肥後銀を提訴 「体ぼろぼろだった」遺族が記者会見 /熊本」”. 毎日新聞. (2013年6月13日). オリジナル2013年6月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130614110012/http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20130613ddlk43040565000c.html 
  51. ^ “長時間残業、肥銀に罰金 行員自殺で熊本簡裁”. 熊本日日新聞. (2013年12月25日). http://kumanichi.com/news/local/main/20131225006.shtml 2013年12月29日閲覧。 
  52. ^ “肥後銀違法残業に罰金命令”. 読売新聞. (2013年12月27日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20131227-OYS1T00242.htm 2013年12月29日閲覧。 
  53. ^ “肥後銀行が処分や対策発表 違法残業問題で”. 読売新聞. (2013年12月27日). http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20131227-OYT8T00323.htm 2013年12月29日閲覧。 
  54. ^ “労働基準法違反事案について”. 株式会社肥後銀行. (2013年12月26日). http://www.higobank.co.jp/information/i13122601.html 2013年12月29日閲覧。 
  55. ^ “過労自殺訴訟 肥後銀行が長時間労働との関係認める”. 読売新聞. (2014年7月19日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/local/kumamoto/20140719-OYS1T50037.html 2014年8月12日閲覧。 
  56. ^ 「「長時間労働で自殺」 肥後銀行が因果関係認める」『熊本日日新聞』 2014年7月11日
  57. ^ “肥後銀に1億円超賠償命令、熊本 自殺行員の遺族に”. 共同通信. (2014年10月17日). http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101701000913.html 2014年10月21日閲覧。 
  58. ^ a b “肥後銀行に1億2900万円賠償命令 過労自殺”. 熊本日日新聞. (2014年10月18日). http://kumanichi.com/news/local/main/20141018002.xhtml 2014年10月21日閲覧。 
  59. ^ “過労自殺は肥後銀に責任 1億2890万円賠償命令”. 読売新聞. (2014年10月18日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141018-OYS1T50000.html 2014年10月21日閲覧。 
  60. ^ “当行を被告とする損害賠償請求事件の判決について”. 株式会社肥後銀行. (2014年10月17日). http://www.higobank.co.jp/newsrelease/2014/14101701.html 2014年10月21日閲覧。 
  61. ^ 過労自殺 肥後銀役員の賠償求め、株主代表訴訟を提起 毎日新聞 2016年9月7日
  62. ^ [4] 毎日新聞 2016年9月6日
  63. ^ 過労自殺 電通新入社員に労基署認定 残業月105時間 毎日新聞 2016年10月8日
  64. ^ 過労自殺 東京労働局、電通を強制調査 是正勧告の方針 毎日新聞 2016年10月14日
  65. ^ 電通過労自殺 抜き打ち調査、関西、京都、中部の3支社も 毎日新聞 2016年10月15日
  66. ^ 労災認定 関電課長が自殺 高浜原発の審査対応で繁忙状態 毎日新聞 2016年10月20日
  67. ^ 20代区役所女性職員の自殺は長時間労働が原因、公務災害認定を請求 広島 産経新聞 2016年12月22日
  68. ^ 連続36時間勤務、遺品に「重圧かけるな」シール…過労自殺の西日本高速元社員遺族が刑事告訴 産経新聞 2017年2月16日
  69. ^ 研修医の自殺 長時間残業による過労原因の労災と認定 新潟 NHKニュース 2017年6月1日
  70. ^ 新国立建設現場で働く新入社員自殺 遺族が労災申請 NHKニュース 2017年7月20日
  71. ^ 「新国立」工事で社員自殺 違法な長時間労働で是正勧告 NHKニュース 2017年9月29日
  72. ^ ゼリア新薬 自殺新入社員、労災認定 遺族が会社を提訴 毎日新聞 2017年8月9日
  73. ^ トラック運転手死亡 残業月100時間超で過労死認定 長野 NHKニュース 2017年8月31日
  74. ^ 空自過労自殺 和解 国が遺族に7400万円 大津地裁 毎日新聞 2017年9月28日
  75. ^ NHK 女性記者、過労死で労災認定 毎日新聞 2017年10月4日
  76. ^ 「記者の過労死に質問集中「重く受け止めている。優秀な記者を失った」」産経ニュース2017.10.5
  77. ^ 警視自殺 残業200時間 国体担当、「公務災害」と認定 毎日新聞 2017年10月13日
  78. ^ “過労死恐れる中国、アジアの労働倫理に不安”. 日本経済新聞. フィナンシャル・タイムズ. (2014年3月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0502A_V00C14A3000000/ 2014年3月6日閲覧。 
  79. ^ Dan De Luce (2015年1月18日). “米空軍、無人機パイロット昇給へ イスラム国空爆などで人手不足”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3036800 2015年2月1日閲覧。 
  80. ^ “意外と残念なアメリカ人の休暇事情”. International Business Times. (2013年11月23日). http://jp.ibtimes.com/articles/363827 2015年2月14日閲覧。 
  81. ^ ルノーで従業員連続自殺 「ゴーン改革」引き金か 2007年2月23日 産経新聞
  82. ^ Laura Colby (2010年1月25日). “自殺多発するフランステレコムの闇-週35時間制がストレスの温床か”. Bloomberg. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-KWNO4X0YHQ0Z01.html 2013年12月22日閲覧。 
  83. ^ “フランステレコムの従業員が次々自殺、23人に”. AFPBB News. (2009年9月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2643677 2013年12月22日閲覧。 
  84. ^ “自殺が増加 背景に失業率上昇 : ボンジュール!パリからの健康便り”. 読売新聞. (2013年9月26日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=85309 2013年12月22日閲覧。 
  85. ^ “英ロンドンでメリルリンチの学生インターン死亡、過労死か”. AFPBB News. (2013年8月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/2964100 2013年10月5日閲覧。 
  86. ^ 森岡孝二 (2004年6月1日). “過労死・過労自殺をめぐる日米比較”. 大阪過労死問題連絡会事務局 あべの総合法律事務所. 2013年10月5日閲覧。
  87. ^ 豪州でも深刻 サービス残業 労働者の2割が週50時間以上労働 労組評議会 時短と残業代支払い要求”. しんぶん赤旗 (2004年11月8日). 2013年10月5日閲覧。
  88. ^ “ゴールドマン・サックスに「ブラック企業」の疑い”. ニューズウィーク. (2013年9月19日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/09/post-3050.php 2013年10月5日閲覧。 
  89. ^ (アメリカでは過労による死亡は多発しているが、転職の自由もあるため、自己責任と考えるのが一般的。また、働いて豊かになる権利もあるというのが米国人の一般的な考え方でもある)
  90. ^ 2014年6月26日中日新聞社説
  91. ^ “「過労死防止基本法制定を」 島根など36地方議会が意見書”. 産経新聞. (2013年9月29日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/130929/smn13092902050000-n1.htm 2013年10月5日閲覧。 
  92. ^ “超党派議連:過労死防止法案提出へ 来年の通常国会で”. 毎日新聞. (2013年12月3日). http://mainichi.jp/select/news/20131204k0000m010124000c.html 2013年12月31日閲覧。 
  93. ^ “共産党躍進 これが秘密/ざっくばらんに志位さん語る/テレビ東京系「週刊ニュース新書」”. しんぶん赤旗. (2013年8月4日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-04/2013080402_04_0.html 2013年10月5日閲覧。 
  94. ^ “ブラック企業 もはや放置はできない”. 東京新聞. (2013年9月6日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013090602000152.html 2013年10月5日閲覧。 
  95. ^ “ブラック企業調査 8割超で法令違反”. 東京新聞. (2013年12月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013121702000242.html 2013年12月22日閲覧。 
  96. ^ “ブラック企業から 若者を守る 大学3年の就職活動 今月から本格化”. 東京新聞. (2013年12月20日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013122202000117.html 2013年12月22日閲覧。 
  97. ^ “過労死防止法、成立へ 衆院委可決 「国が責任」明記”. 朝日新聞. (2014年5月24日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11152457.html 2014年5月25日閲覧。 
  98. ^ 2014年6月21日中日新聞朝刊2面
  99. ^ 「働き方改革」の実現に向けて”. 厚生労働省. 2017年5月20日閲覧。
  100. ^ 防衛装備移転三原則”. ニッセイ基礎研究所 (2016年9月15日). 2017年5月20日閲覧。
  101. ^ “残業規制 年720時間の上限設定”. 日本経済新聞. (2017年5月18日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASDF17H1F_X10C17A5EA2000/ 2017年5月20日閲覧。 
  102. ^ 沢路毅彦; 千葉卓朗 (2017年3月18日). “残業の上限規制に「抜け穴」 「休日労働」は含まれず”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK3K5JQTK3KULFA02D.html 2017年5月20日閲覧。 
  103. ^ 千葉卓朗; 高橋健次郎 (2017年3月13日). “残業上限「月100時間未満」 首相が「裁定」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK3F5J2CK3FULFA032.html 2017年5月20日閲覧。 
  104. ^ “ILO事務局長が来日 単独インタビュー”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). http://www.news24.jp/articles/2017/05/12/07361315.html 2017年5月12日閲覧。 


「過労死」の続きの解説一覧





過労死と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「過労死」の関連用語

過労死のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タスジミドリガイ

BRUTALE-910R

ヴォクシー

菊軍鶏図大小鐔

滑床水源の森

赤旗

木和田川砂防二号堰堤

サイドシーム





過労死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2017 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過労死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS