メンタルヘルスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > メンタルヘルスの意味・解説 

メンタルヘルス

【英】:Mental Health

メンタルヘルスは直訳すれば「精神保健」または「精神健康」であるが、一般的にメンタルヘルスという言葉使用されている。

組織体におけるメンタルヘルスの重要性はますます高まっている。それは、精神的ダメージ精神的緊張負担)をもたらす外部からの刺激ストレス要因が強まっているためである。

例えば、企業内におけるこうした要因には、

 (1)雇用不安
  (雇用が守られるかどうか・・・という不安)

 (2)評価不安
  (自分成果能力自己認識通り評価され、期待する報酬等の処遇が受けられるかどうか・・・という不安)

 (3)存在不安
  (価値観多様な人間集団の中で自分受け入れられ、安定した人間関係が築けるかどうか・・・という不安)

などがあり、これらの不安を現実化する出来事身体的不調を生み、それが精神的問題につながる・・・という悪循環に陥りがちである。

メンタルヘルスの実際アクションは、発生した問題への対応と未然防止対応に分けられる。

精神的不健康状態が発生した場合は、カウンセリング等を含めた専門的治療に頼るのが安全だが、未然防止という観点では、職場の各マネージャー配慮や対応が重要になっている
すなわち、各マネージャーがメンタルヘルスの基礎知識持ち重要性認識してマネジメント行なうことが期待されるのであり、メンタルヘルスはこうした観点から、マネージャー教育一部として必須のテーマになりつつある。

メンタルヘルス

労働者心の健康づくりのこと。業務内容職場環境人間関係などで、悩みストレス訴える人が増加し、労働者深刻な心の病」に侵されるケースが後を絶ちません。社会企業家庭与え影響拡大していることから、メンタルヘルスへの取り組みが急がれています。

メンタルヘルス

【英】mental health

労働者心の健康づくりのこと。

仕事職業生活に不安や悩みストレスがあると訴え労働者が増えていることから、メンタルヘルスの重要性昨今強く叫ばれている。

・特にバブル崩壊後のリストラによる少数精鋭での業務遂行における業務量の増加、あるいは成果主義による従業員への成果追求機会増加等により、近年従業員心的負担増大している。

厚生労働者平成12年8月発表した「事業場における労働者心の健康づくりのための指針」では、労働者心の健康保持推進のための基本的実施方法として、①セルフケア、②ラインによるケア、③事業場産業保険スタッフによるケア、④事業場外資源によるケアをあげている。

このような背景もあり、近年、特に大企業においてメンタルヘルスへの取り組みを行う企業増加している。


メンタルヘルス

個人精神心理情緒の状態をメンタルヘルスという。災害などのストレス要因はメンタルヘルスに大きな影響与えことがある原子力災害時には放射線による被ばく放射性物質による汚染対する不安や、被ばく汚染身体的な健康に影響を及ぼす不安(健康不安)などの心理的変化が生じるとともに避難等の措置実施された場合には、生活環境変化等が精神的負担となることなどが考えられるため、メンタルヘルス対策を適切に行う必要があるその際放射線放射性物質存在五感感じることができないなど、原子力災害特徴踏まえ対策実施することが重要である。 「ストレス反応」の項を参照

メンタルヘルス、精神衛生

【仮名】めんたるへるす
原文mental health

ある人の全般的心理学的および情緒的状態。良好なメンタルヘルスとは、ある人が毎日出来事対処できる、明瞭に考えられる責任能力がある、難題に応じることができる、他人との良好な関係をもつことができるといった、健康な状態である。

メンタルヘルス mental health

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

心の健康

今日ほどメンタルヘルス心の健康重要性が叫ばれている時代はない。

意味説明

心の健康を保つこと

その他の言い換え語例

精神保健 精神衛生

メンタルヘルスケア心の健康づくり


メンタルヘルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/25 03:18 UTC 版)

メンタルヘルス: mental health)とは、精神面における健康のことである。精神的健康心の健康精神保健精神衛生などと称され、主に精神的な疲労、ストレス、悩みなどの軽減や緩和とそれへのサポート、メンタルヘルス対策、あるいは精神保健医療のように精神障害の予防と回復を目的とした場面で使われる。




  1. ^ a b 世界保健機関 (2007年9月3日). “What is mental health?”. World Health Organization. 2014年6月24日閲覧。
  2. ^ a b 世界保健機関 2013.
  3. ^ 世界保健機関 2004, Introduction.
  4. ^ a b c d OECD 2014, pp. 15-16.
  5. ^ OECD 2012, p. 98.
  6. ^ The WHO World Mental Health Survey Consortium (2004). “Prevalence, Severity, and Unmet Need for Treatment of Mental Disorders in the World Health Organization World Mental Health Surveys”. JAMA 291 (21): 2581. doi:10.1001/jama.291.21.2581. ISSN 0098-7484. 
  7. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  8. ^ a b 世界保健機関 2004, p. 34.
  9. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』 医学書院2004年、249-250頁。ISBN 978-0890420256
  10. ^ 世界保健機関 (1996) (pdf). Mental Health Care Law : Ten Basic Principles / WHO/MNH/MND/96.9 (Report). World Health Organization. http://www.who.int/mental_health/media/en/75.pdf 2014年6月20日閲覧。.  、邦訳: 世界保健機関; 木村朋子訳 (1996) (pdf). 精神保健ケアに関する法:基本10原則 (Report). http://www.kansatuhou.net/10_shiryoshu/pdf/WHOmentalhealth10.pdf 2014年6月20日閲覧。. 
  11. ^ 世界保健機関 2013, Annex: Glossary of main terms.
  12. ^ 春日武彦 『病んだ家族、散乱した室内 : 援助者にとっての不全感と困惑について』 医学書院、2001年9月、113-119頁。ISBN 9784260331548 
  13. ^ 小林司 『「生きがい」とは何か―自己実現へのみち』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1989年、134、141。ISBN 4-14-001579-9
  14. ^ a b Berman, Marc G.; Jonides, John; Kaplan, Stephen (December 2008). “The Cognitive Benefits of Interacting With Nature” (pdf). Psychological Science 19 (12): 1207–1212. doi:10.1111/j.1467-9280.2008.02225.x. PMID 19121124. http://www.umich.edu/~jlabpsyc/pdf/2008_2.pdf. 
  15. ^ Fowler, J. H; Christakis, N. A (2008). “Dynamic spread of happiness in a large social network: longitudinal analysis over 20 years in the Framingham Heart Study”. BMJ 337 (dec04 2): a2338–a2338. doi:10.1136/bmj.a2338. PMC 2600606. PMID 19056788. http://www.bmj.com/content/337/bmj.a2338. 
  16. ^ a b c 世界保健機関憲章 (PDF) (外務省)
  17. ^ WHO憲章における「健康」の定義の改正案について”. 厚生省 (1999年3月19日). 2014年6月25日閲覧。
  18. ^ WHO憲章における「健康」の定義の改正案のその後について(第52回WHO総会の結果)”. 厚生省 (1999年10月26日). 2014年6月25日閲覧。
  19. ^ National Business Group on Health
  20. ^ 矢倉尚典; 川端勇樹 (2007-12-31). 米国におけるメンタルヘルス分野のヘルスサポートの取り組み (pdf). 損保ジャパン総研クォータリー 49: 4. http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt49-1.pdf. 
  21. ^ Transforming Mental Health Care in America. The Federal Action Agenda: First Steps
  22. ^ About.com (Updated March 02, 2010). “What Is Mental Health?”. 2012年7月7日閲覧。
  23. ^ 島 悟 『メンタルヘルス入門』 日経文庫、2007年4月、32頁。 
  24. ^ a b 10 FACTS ON MENTAL HEALTH - Mental health: a state of well-being (Report). WHO. (2014-08). http://www.who.int/features/factfiles/mental_health/en/. 
  25. ^ OECD 2014, p. 63.
  26. ^ a b c d OECD 2014, pp. 15-18.
  27. ^ OECD 2014, Executive Summary.
  28. ^ Kohn R, Saxena S, Levav I, Saraceno B (2004). “The treatment gap in mental health care”. Bull. World Health Organ. (世界保健機関) 82 (11): 858–66. PMC 2623050. PMID 15640922. http://www.who.int/bulletin/volumes/82/11/khon1104abstract/en/. 
  29. ^ 世界保健機関 2011, p. 35.
  30. ^ OECD 2014, pp. 16-18.
  31. ^ a b c d Thomas Insel, M.D. (2013-02-08). Reducing the Duration of Untreated Psychosis in the United States (Report). アメリカ国立精神衛生研究所. http://www.nimh.nih.gov/funding/grant-writing-and-application-process/concept-clearances/2013/reducing-the-duration-of-untreated-psychosis-in-the-united-states.shtml. 
  32. ^ Marshall M; Lewis S; Lockwood A; Drake R; Jones P; Croudace T (2005). “Association between duration of untreated psychosis and outcome in cohorts of first-episode patients: a systematic review”. Arch Gen Psychiatry 62 (9): 975–983. doi:10.1001/archpsyc.62.9.975. PMID 16143729. http://archpsyc.ama-assn.org/cgi/content/full/62/9/975 2009年2月14日閲覧。. 
  33. ^ Mental health policy implementation guide: Dual diagnosis good practice guide (Report). 英国保健省. (2001). http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/+/www.dh.gov.uk/en/Publicationsandstatistics/Publications/PublicationsPolicyAndGuidance/DH_4009058. 
  34. ^ a b c d e OECD 2015, p. 17.
  35. ^ Schimmelmann, Benno G.; Huber, Christian G.; Lambert, Martin; Cotton, Sue; McGorry, Patrick D.; Conus, Philippe (2008). “Impact of duration of untreated psychosis on pre-treatment, baseline, and outcome characteristics in an epidemiological first-episode psychosis cohort”. Journal of Psychiatric Research 42 (12): 982–990. doi:10.1016/j.jpsychires.2007.12.001. ISSN 00223956. 
  36. ^ Lihong, Qin; Shimodera, Shinji; Fujita, Hirokazu; Morokuma, Ippei; Nishida, Atsushi; Kamimura, Naoto; Mizuno, Masafumi; Furukawa, Toshi A. et al. (2012). “Duration of untreated psychosis in a rural/suburban region of Japan”. Early Intervention in Psychiatry 6 (3): 239–246. doi:10.1111/j.1751-7893.2011.00325.x. ISSN 17517885. 
  37. ^ a b OECD 2015, pp. 17-18.
  38. ^ The Early Psychosis Prevention and Intervention Centre (EPPIC)
  39. ^ TIPS
  40. ^ Petersen L; Nordentoft M; Jeppesen P; Ohlenschaeger J; Thorup A; Christensen TØ; Krarup G; Dahlstrøm J et al. (2005). “Improving 1-year outcome in first-episode psychosis: OPUS trial”. British Journal of Psychiatry 187 (Supplement 48): s98-s103. doi:10.1192/bjp.187.48.s98. PMID 16055817. 
  41. ^ OECD 2014, pp. 231-232.
  42. ^ a b c d e f g OECD 2014, pp. 231-235.
  43. ^ Beyond the Label (Report). Centre for Addiction and Mental Health. (2005). ISBN 978-0-88868-506-3. http://www.camh.ca/en/education/about/camh_publications/Pages/Beyond_Label.aspx. 
  44. ^ a b c 英国ジャーナリスト連合; スコットランド政府. Responcible reporting on mental health, mental illness & death by suicide (Report). https://www.seemescotland.org/media/6821/nuj-guidelines-for-reporting-mental-health-and-death-by-suicide.pdf. 
  45. ^ “Motherwell FC Makes New Signing to Tackle Stigma of Mental Ill Health” (プレスリリース), Elament, (2010年6月17日), http://www.elament.org.uk/news/2010/6/17/motherwell-fc-makes-new-signing-to-tackle-stigma-of-mental-ill-health.aspx 
  46. ^ a b c d OECD 2015, p. 40.
  47. ^ a b c d OECD 2014, Country press releases - Sweden.
  48. ^ OECD 2012, p. 178.
  49. ^ a b c d e f g Making the Case for Investing in Mental Health in Canada (Report). Mental Health Commission of Canada. (2013-02-08). http://www.mentalhealthcommission.ca/English/node/5020. 
  50. ^ a b The Life and Economic Impact of Major Mental Illnesses in Canada (Report). Mental Health Commission of Canada. (2013-02-09). http://www.mentalhealthcommission.ca/English/node/5024. 
  51. ^ Paul McCrone; Sujith Dhanasiri; Anita Patel; Martin Knapp; Simon Lawton-Smith (2008-05-28). Paying the Price - The cost of mental health care in England to 2026 (Report). King's Fund. Chapt.10. ISBN 9781857175714. http://www.kingsfund.org.uk/publications/paying-price. 
  52. ^ a b Addressing Dementia - The OECD Response (Report). OECD. (2015-03-13). Chapt.1. doi:10.1787/9789264231726-en. 
  53. ^ a b c * mhGAP Intervention Guide for mental, neurological and substance use disorders in non-specialized health settings (2 ed.), 世界保健機関, (2016), ISBN 9789241549790, http://www.who.int/mental_health/mhgap/mhGAP_intervention_guide_02/en/ 
  54. ^ Gómez-Pinilla, Fernando (July 2008). “Brain foods: the effects of nutrients on brain function”. Nature Reviews Neuroscience 9 (7): 568–578. doi:10.1038/nrn2421. PMC 2805706. PMID 18568016. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2805706/. 
  55. ^ Josefsson, T.; Lindwall, M.; Archer, T. (April 2014). “Physical exercise intervention in depressive disorders: Meta-analysis and systematic review”. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports 24 (2): 259–272. doi:10.1111/sms.12050. PMID 23362828. 
  56. ^ Sui, Xuemei; Laditka, James N.; Church, Timothy S.; Hardin, James W.; Chase, Nancy; Davis, Keith; Blair, Steven N. (February 2009). “Prospective study of cardiorespiratory fitness and depressive symptoms in women and men”. Journal of Psychiatric Research 43 (5): 546–552. doi:10.1016/j.jpsychires.2008.08.002. PMC 2683669. PMID 18845305. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/18845305/. 
  57. ^ Sui, Xuemei; Laditka, James N.; Church, Timothy S.; Hardin, James W.; Chase, Nancy; Davis, Keith; Blair, Steven N. (November 2009). “Prospective study of cardiorespiratory fitness and depressive symptoms in women and men”. Journal of Psychiatric Research 43 (5): 546–552. doi:10.1016/j.jpsychires.2008.08.002. PMC 3024242. PMID 19541916. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3024242/. 
  58. ^ 湯川進太郎 『怒りの心理学 : 怒りとうまくつきあうための理論と方法』 有斐閣、2008年、第7章 pp113-125。ISBN 978-4-641-17341-5 
  59. ^ CAREERzine (2010年). “効率的に仕事をするなら「起きてる場合じゃない」睡り博士に聞く!ビジネスパーソンに最適な眠りの方法”. 2012年7月8日閲覧。
  60. ^ gooヘルスケア McKee (2008年). “病気のもとは笑いとばす”. 2012年7月7日閲覧。
  61. ^ 慶應義塾大学認知行動療法研究会 『うつ病の認知療法・認知行動療法(患者さんのための資料)』 疾病・障害対策研究分野 こころの健康科学研究、2010年1月
  62. ^ 大野裕ら 『平成23(2011)年度 精神療法の実施方法と有効性に関する研究 総括』、2012年3月 データベースから文献番号 200400769A
  63. ^ a b The mental health strategy for England - Annex B: Evidence base from (No Health Without Mental Health strategy: analysis of the impact on equality) (Report). 英国保健省. (2011-02-02). Table.4. https://www.gov.uk/government/publications/the-mental-health-strategy-for-england. 
  64. ^ OECD 2014, pp. 13.
  65. ^ OECD 2014, p. 41.
  66. ^ a b c CG123 - Common mental health disorders: Identification and pathways to care (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2011-04). Introduction. http://www.nice.org.uk/guidance/CG123/. 
  67. ^ a b c The mental health strategy for England - No Health Without Mental Health: a cross-government mental health outcomes strategy for people of all ages (Report). 英国保健省. (2011-02-02). https://www.gov.uk/government/publications/the-mental-health-strategy-for-england. 
  68. ^ Mental Health and Work: United Kingdom, Mental Health and Work (Report). OECD. (2014). doi:10.1787/9789264204997-en. 
  69. ^ a b c d OECD 2014, Country press releases - UK.
  70. ^ a b c d OECD 2014, Country press releases - Italy.
  71. ^ a b c The mental health of Australians 2 (Report). オーストラリア保健省. (2007). Chapt.2 An overview of mental disorders in Australia. http://www.health.gov.au/internet/publications/publishing.nsf/Content/mental-pubs-m-mhaust2-toc~mental-pubs-m-mhaust2-2. 
  72. ^ a b c d e OECD 2014, Country press releases - Australia.
  73. ^ OECD 2014, p. 86.
  74. ^ a b Lehtinen, V.; Joukamaa, M.; Lahtela, K.; Raitasalo, R.; Jyrkinen, E.; Maatela, J.; Aromaa, A. (1990). “Prevalence of mental disorders among adults in Finland: basic results from the Mini Finland Health Survey”. Acta Psychiatrica Scandinavica 81 (5): 418–425. doi:10.1111/j.1600-0447.1990.tb05474.x. ISSN 0001-690X. 
  75. ^ a b c d e OECD 2014, Country press releases - Finland.
  76. ^ a b c Prévalence des troubles de santé mentale et conséquences sur l’activité professionnelle en France dans l’enquête “Santé mentale en population générale : images et réalités” (Report). Institut de veille sanitaire. (2007-08). http://www.invs.sante.fr/publications/2007/prevalence_sante_mentale/prevalence_sante_mentale.pdf. 
  77. ^ a b OECD 2013, Chapt.3.4.
  78. ^ a b c d OECD Reviews of Health Care Quality: Norway 2014: Raising Standards (Report). OECD. (2014-05-21). Chapt.4. doi:10.1787/9789264208469-en. 
  79. ^ a b c OECD 2014, Country press releases - Norway.
  80. ^ a b OECD Series on Health Care Quality Reviews - Japan (Report). OECD. (2014-11). Assessment and Recommendations. http://www.oecd.org/health/health-systems/health-care-quality-reviews.htm.  「OECD医療の質レビュー / 日本 / スタンダードの引き上げ / 評価と提言」2014年11月5日
  81. ^ a b OECD 2014, Country press releases - Japan.
  82. ^ G-Pネット”. 一般医・精神科医ネットワーク研究会事務局. 2015年1月20日閲覧。
  83. ^ 平成19年版 自殺対策白書 (Report). 内閣府. Chapt.2.2. http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2007/html/part2/jirei13.html. 
  84. ^ a b National Health Survey 2010 (Report). シンガポール保健省. (2011-11). Chapt.16. https://www.moh.gov.sg/content/moh_web/home/Publications/Reports/2011/national_health_survey2010.html. 
  85. ^ a b c d “Latest study sheds light on the state of mental health in Singapore” (プレスリリース), Institute of Mental Health (Singapore), (2011年11月18日), https://www.imh.com.sg/uploadedFiles/Newsroom/News_Releases/SMHS%20news%20release.pdf 
  86. ^ Subramaniam, Mythily; Vaingankar, Janhavi; Heng, Derrick; Kwok, Kian Woon; Lim, Yee Wei; Yap, Mabel; Chong, Siow Ann (2012). “The Singapore Mental Health Study: an overview of the methodology”. International Journal of Methods in Psychiatric Research 21 (2): 149–157. doi:10.1002/mpr.1351. ISSN 10498931. 
  87. ^ OECD 2015, Chapt.1.
  88. ^ a b OECD 2015, p. 29.
  89. ^ a b OECD 2015, p. 30.
  90. ^ a b OECD 2014, pp. 57-58.
  91. ^ a b OECD 2015, p. 33.
  92. ^ “Council for Evidence-based Psychiatry launches today with data showing dramatic rise in mental health disability” (プレスリリース), Council for Evidence-based Psychiatry, (2014年4月30日), http://cepuk.org/2014/04/30/council-evidence-based-psychiatry-launches-today-data-showing-dramatic-rise-mental-health-disability/ 2014年6月4日閲覧。 
  93. ^ 世界保健機関 2004, p. 51.
  94. ^ 井原裕「双極性障害と疾患喧伝(diseasemongering)」 (pdf) 、『精神神経学雑誌』第113巻第12号、2011年、 1218-1225頁。
  95. ^ Insel, T. R. (October 2012). “Next-Generation Treatments for Mental Disorders”. Science Translational Medicine 4 (155): 155ps19–155ps19. doi:10.1126/scitranslmed.3004873. PMID 23052292. 
  96. ^ アレン・フランセス 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月、7-8頁。ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5®, The Guilford Press, 2013.
  97. ^ 冨高辰一郎『なぜうつ病の人が増えたのか』幻冬舎ルネッサンス、2010年、ISBN 978-4779060267
  98. ^ Kathryn Schulz (2004年8月22日). “Did Antidepressants Depress Japan?”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2004/08/22/magazine/did-antidepressants-depress-japan.html?pagewanted=4 2013年1月10日閲覧。 
  99. ^ アンドルー・ワイル 『ワイル博士のうつが消えるこころのレッスン』 上野圭一(翻訳)、角川書店、2012年9月、53-54頁。ISBN 978-4041101582、Spontaneous Happiness, 2011
  100. ^ 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害2012 Ver.1 (Report) (2012 Ver.1 ed.). 日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. pp. 20-23. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf 2013年1月1日閲覧。. 
  101. ^ a b 佐藤陽 (2011年12月8日). “一丁上がり 増殖する病”. http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY201112080320.html 2014年8月17日閲覧。 
  102. ^ 黒木俊秀 「うつ病医療のポピュラリゼーションと日本的うつ病論のゆくえ」『精神医学の羅針盤』 篠原出版新社、2014年7月、54-58頁。ISBN 978-4884123765
  103. ^ a b c (pdf) Q4.新型うつ病が増えていると聞きます。新型うつ病とはどのようなものでしょうか? (Report). 日本うつ病学会. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/qa/pdf/qa4.pdf 2014年6月24日閲覧。. 
  104. ^ 職場を襲う "新型うつ"NHKスペシャル、2012年4月29日放送
  105. ^ 日本うつ病学会 (2012-07-26). 日本うつ病学会治療ガイドライン (Report). pp. 3-4. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf. 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

メンタルヘルスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メンタルヘルス」の関連用語

メンタルヘルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

核燃料サイクル

等値線

DSM

心のケア

使用済燃料中間貯蔵

SPEEDIネットワークシステム

研究炉

インターロック・システム





メンタルヘルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2017 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメンタルヘルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS